So-net無料ブログ作成
~初めてこのブログに来られた方へ~
当ブログにご訪問頂きましてまことにありがとうございます。
『ネット検索して特定の種類の情報を収集するためだけにここへ来られた方』や
『既にここのブログで多数の記事を読んで下さっている方』、『ブログを通して交流のある方』
上記以外での初めてこのブログに来られた方には、
もちろん無理には勧めませんが出来れば第1回目の記事をまず読み流して頂ければと思います。
どんな方向に向かっていてどんなスタンスでやっているのか分かると思います。
すみませんねぇ、なんか押しつけがましい性格みたいです・・・

はじまってしまった・・・ [ギラファノコギリ (原名亜種)]

先日行なったギラファノコギリの結果です。

産卵セットを組んで記事にした昨年12月から3ヶ月が経過し、割り出し時期としては遅いくらいでした。
冬場の作業ともなるといくら室内でも寒くてだるいもので、
散らかった飼育部屋を整理し、10℃以下の室温をストーブで上昇させて、漸くまともに作業が出来るのでは捗りませんわな。


CA3I0375.JPG
因みに、一部の個体はWF1から菌床に慣れさせたかったので、菌床も事前に詰めておきました。
今回はいつも使っているものとは別の銘柄のオオヒラタケ菌床を選んでみました。

ブロック1袋あたり1,000円以上ですよ、高かった・・・!!!

保管中に乾燥したからなのか元々水分量が少ないからなのか分かりませんがブロックの上半分がパサパサになっていたので市販の酸素水を足してビン詰めしました。
これが効果があるのかは・・・事実あってもなくても判断できませんね(汗)



さて、割り出すケースには無事幼虫の姿が確認できました。
♀親がちょっと軽かった上動きも緩慢で弱々しかったので、せめて♂♀幼虫が採れてくれれば御の字なんだけどな・・・なんて思ってましたが、余裕で十分な数見えますね。


そして割り出し当日今月1日
今回は先に30個以上マットビンや菌床ビンを用意しておき、
新聞紙を床に広げ作業を始めました。


まずケースをひっくり返すと側面部分からボロボロと幼虫達が出てきますウヒョ~ィ。
カンボジア産の時と比べるとまだまだ加令も進んでなくて1令もチラホラ居ますウヒョ~ィ。
外側のマットだけ崩してても次々と製氷トレーが埋まっていきますウヒョヒョ~ィ。

そして、いつものパターンだと
この外側のマットからたくさん採れてても、マット内部や産卵木内までバラしていくともうほとんど居なくてペースダウンするところなんですが

CA3I0388.JPG
中心部に至るまでごっそり幼虫が詰まってる!!
2本仕込んでいた産卵木もほとんど食いつくされ所狭しと云う感じ・・・
これほど気持ちのいい割り出しも久しぶりです。

マットの隅からは力尽きた♀親も出てきました。あんた・・・よくやったよ・・・!


このままいくと最終的にトレーが足らなくなるんじゃないかと思ってたら

CA3I0389.JPG
やっぱり足りなくなりました。
どうせこんなに産まねェからこの2皿で十分だ。とか思ってた矢先にこれですよ。

   結果

       43頭


用意したビンじゃ全然足りねェェェェェェェ!!!!!!

結局この後、まだ残っていたマットをまた詰めてビンを作り、
それでも足りない分は割りカスをカップに詰めておくことに。

出てきた幼虫はほとんどが2令で、3令が3頭ほどと1令が7頭ほど。
反省すべきはこの作業中、誤って1令1頭をスプーンで傷つけて死亡させてしまった事。
1頭潰すってのは結構精神的にキツいです。
100頭割り出そうが1000頭割り出そうが5セット割り出そうが10セット割り出そうがキツいです。
出てきた幼虫は、最初マットから出てきたものは1令~2令がほとんどでしたが内部に割り進んでいくと1令の姿は無く2令~3令しか出てこなくなりました。
先に産卵木に産んだから早いだけなのか?
マットとホダ木では成長速度が違うのか?
ケース内の温度分布の問題か?
などと疑問符が浮かびます。


そしてここから、全頭の頭幅を測りどのビンに入れるかを作業しながら考えます。
♂♀もある程度分けていきますがちょっと♀が多いです。
2令の頭幅はおよそ7.5mm~6.0mm。
7.5mmは♂、6.0mmは♀と云うのは判断がつくんですが、その中間の7.0mm~7.0mmくらいのやつはホントに分かりにくいです。
卵巣の発達も微妙で見え辛い・・・
そんな細かい作業を繰り返しながらなんとか全頭容器に収めました。

CA3I0390.JPG
入れた幼虫の頭幅や令数、投入したエサや容器を全てノートに記入。

予想よりも大量に採れてしまったので、
43頭採れた内の12頭を4頭3セットに分け、
2セットをブログ内の臨時里親募集企画で、1セットをオークションで手放しました。



***********************************



さて、
カンボジアに続き、タイ産も割り出しが終了しいよいよ飼育スペースの余裕が無くなってきました・・・じゃなくていよいよギラファ天国(←ホントにそう思ってる?)になってきました。
2産地間でサイズや特徴にある程度差が生まれてくるのか、
11cmオーバーが出せるのか(汗)・・・楽しみです。・・・楽しみです(怯)




ついでに・・・

最後、作業が終わったんで割りカスを片付けようと思い、敷いてた新聞紙を丸めて処理しようと持ち上げたらマットの湿気で新聞紙が破け、
床に豪快に割りカスマットをぶちまけたのは久しぶりでした。



〉〉 後日・・・ 幼虫達は


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ツノワイモンの啓蟄 [〆カネギエーテルノコギリ]

青森県内、こないだまではちょっと暖かい日が続き
春の兆しが感じられてきたと思ったら、今週は吹雪く吹雪く!!
キャンディーズを流すにはまだ早いようです。まだまだ春じゃないですね。

とは言えフキノトウが地面から生えてきているのを見ると、
「冬も終わりに入ったな」と感じますよ。

最近何故か初代ポケモンに嵌まり、図鑑の完成に「なぜか」勤しんでおりました。
・・・とりあえず手持ちにカイロスは絶対入れるんですよ、うん。
kairos.gif
カイロス


虫の方は最近、主にギラファでどうやって飼育したらベストなのか考える事が多く
どんな手順で作業したらいいか・・・なんて所から二の足を踏んでいます。

結果、ほとんど大した事してない(笑)



************************************


さて、今月を遡る事上旬の話。

幼虫が1ヶ月ほど前までに全て羽化していたのを確認して放置していた種類がいます。
カネギエーテルノコギリ。ツノワイモンノコギリの呼び名がすっかり忘れられたアレです。

このブログを始めた高校生時代に初めて本種をWILDから飼育した時は、
なかなか羽化個体が休眠から目覚めてくれずにペアリングまでにつまづき
見事にWF1で飼育が頓挫した記憶があるので、
やや本種には苦手意識がありました。

そんな我が家の2度目のカネギですが、
はじめに羽化してきた♀個体群のカップの中のマット表面が均されているのに気付き
そのカップを手に取ると↓↓



CA3I0398.JPG
見ての通り活動を始めていました
羽化後は、一部の♂を除いては容器内を掘らずに手付かずだったので
勿論そのままの状態ではあったんですが、
他の♀容器を見ても同様に、羽化時期の早いものから同じような状態が見てとれます。

前回の本種ブリードで♀がなかなか起きなかった事に歯痒い思いをしただけに、
起きてるということに(恥ずかしながら)嬉しさを覚えました。



多数活動開始している事もありエサを入れないといけないので、
「いい機会だから」と云う事で羽化個体を全て掘り出してみました。


 【 産地 】
 マレーシア (マレー半島)クランタン州

 【 累代 】
 WF1

 【 飼育経過 】
 2014年5月6日 親♀産卵セットへ
      8月31日 割り出し 200ccカップ又は500ccガラスビンへ投入(マット飼育)
 同年10月
  ~2015年2月 全頭羽化




CA3I0399.JPG
♀は1つのカップに2頭入れているものも多数居まして、
雌雄比で言えば【3:2】か【2:1】くらいでだいぶ♀余りの状態になりました。




CA3I0423.JPG
いやぁ一斉に掘り出すって何とも気持ちが良いですねー!!
これもカネギみたいな小型種だからこそ可能な事であって
ギラファとかだったら羽化時期が同性でもずれ込むから絶!!対!!無!!理!!ですな。

♂は5頭を500ccのガラスビンに入れましたが、
羽化サイズは200ccカップより僅かに大きな個体が出た・・・と云うくらいです。

カップが殆どは40~43mm
ビン42~44mmUP

CA3I0438.JPG
これが最大。フジコンのプラスチックノギスで44.7mmくらい。

確かに最大はビンから出ましたが・・・低温でとかやってみたんですが、
45mmが超えられなかったあたり力量の限界を見てしまったような気がして嫌な気分です。
カネギはここから先大きくなっていくとまた大腮の迫力や造形の複雑さが増して面白いんで、次世代の大型飼育のやり方はまた一から考え直して頑張りたいですねェ。




ところで・・・・・・・・・・・・、

今回、流石は優秀産地マレー半島なだけあって200ccカップでも皆40mm以上の大型ばかりが羽化してくれた(スマトラ島産になるとややサイズが小さくなる)のですが、
♂の寄せ集め画像をもう一度確認してみてください。


お分かりいただけただろうか・・・?

画面右上の♂個体だけが、
明らかに他のものと容姿が異なっているのが分かる。

一体、彼の身に何が起きたというのだろうか・・・?




他全てが40mmを下回る事が無かった中、
この個体だけ極端に小さく羽化してしまいました。

CA3I0439.JPG
そのサイズ、24.9mm

確か、去年の晩秋時点で♂も3令後期・♀は殆ど蛹室を作ってた頃に
1頭だけまだ1令か2令でいたおかしな幼虫がいた記憶があるので、
もしかしたらそれがコイツだったかもしれません。

この個体は1令でカップ投入し、
新品のマットが詰めてある上そのマットには補助添加剤も混ぜ込んであったので、
恐らくこの個体だけマットの分解・消化機能が十分に備わってない時点で個別飼育に移行しちゃったのが要因だったのでしょうね。
流石にこの大きさからすると2令羽化はしてないと思いますが多分。

1頭だけならこんな可愛い個体がいても楽しいもんですね。



今これから生息地もカネギのシーズンが始まろうとしていますし
続々と後食を始める個体が我が家でも現れていますので、
ギラファも併せて忙しい季節になりますね。
あっ!! それに採集シーズンも始まるじゃないか!!!! おいおい大丈夫なのか・・・!?(喜)





最後に・・・・・・
やっぱマレーだね。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット