So-net無料ブログ作成
検索選択
~初めてこのブログに来られた方へ~
当ブログにご訪問頂きましてまことにありがとうございます。
『ネット検索して特定の種類の情報を収集するためだけにここへ来られた方』や
『既にここのブログで多数の記事を読んで下さっている方』、『ブログを通して交流のある方』
上記以外での初めてこのブログに来られた方には、
もちろん無理には勧めませんが出来れば第1回目の記事をまず読み流して頂ければと思います。
どんな方向に向かっていてどんなスタンスでやっているのか分かると思います。
すみませんねぇ、なんか押しつけがましい性格みたいです・・・

2016年の挑戦 [日昆 日常雑記]

ウルトラQ.jpg


家に2台在る冷やし虫家が1台壊れてしまい、
その壊れた方が今見事にコガシラクワガタ飼育にピッタリ使える温度になっている会長です。
(11~14℃、素晴らすぃ)

吹雪く季節もいよいよ佳境、2月になってしまいました。
1月中やりたい事もせず、やろうとしている事もなんだかよく分からなくなっていたんですが、
年が明けてなんか思考がフワフワしているなと思ったら
まだ今年の目標を記事に上げてなかった!

「今年どういう目標を立てて虫をやるのか。」

一見すると「目標をブログにUPするのってただの記事ネタだろ」と思いがちですが、
個人的には結構「記事にしておく」って大事だなと考えています。
春夏秋冬季節が移り変わる度に色々な誘惑が虫屋を襲うので、最初に「挑戦したい事」を持っていた場合月日が経つと次第に当初の目標や願望が置き去りにされていく危険性が高いです。
(率直に言うとこういう人間(←私)は優柔不断なのです)

では、
去年の目標がどのくらい達成できたかを振り返ってから今年の目標を並べたいと思います。

2015年の挑戦の結果は、
① 県内全市町村のコクワガタ採集制覇
② オオクワガタ自力採集
③ マグソクワガタ採集ポイント新規開拓
④ ギラファノコギリクワガタ巨大化計画
この4つ。忘れてたかも


① ⇒ ×寄りの
今年はあまりコクワガタ狙いで市町村を渡ることがなく、
反面ヒメオオクワガタ狙いではえげつないほど市町村を意識して移動していました。
コクワ2015.png
↑↑2015年末に一度載せたコクワ市町村別コレクションの進行状況。
増えたには増えたのですが市町村数で数えるとショボ・・・
これくらいの数なら県内に何人もコレクター居るだろう・・・(い、居るだろう・・・・・・)

② ⇒ ×
オオクワガタは去年採集出来たには出来た、のですが「自力採集」とは口が裂けても言えない内容です。
自分で場所を見つけそこから独力で採集出来てはじめて「自力採集」と言えます。
理想ばかり高くてどうにもならなかったパターンですね。

③ ⇒ 
マグソクワガタの新規開拓は目標として十分達成できました。
津軽地域と下北地域で採れましたし、日中の爽やか(?)な景色の下で採ったからかマグソ採集は夜間の採集と比べてやけに鮮やかに記憶に残る感じで個人的には異質です。チョウとか昼の虫を採集している人たちは皆こんな感じのメモリー多いんでしょうかね
(・・・ぅ、羨ましくなんか、Nai !! Yai !!)

④ ⇒ 
去年で出てきた中でそれぞれの亜種の最大値は、
原名亜種(タイ産):測るほどでなし(最大幼虫は年内に羽化せず)
原名亜種(カンボジア産):測る意味なし(長歯が出ず、一番悲惨だった)
ニルギレンシス:年末羽化で未計測(まともに100mmは越えてないだろう)
マキタ:測る気も湧かず(夏場の放置で全部縮む)
ケイスケ:年内に羽化せず(「居たの??」と云うレベル)
ニシヤマ:98mmUP(100越えならず)
ティモーレンシス:80mm(地味に自己最大)
ティモールがささやかに嬉しかったのですが、生き残りが非常に少なく危険な状況と云うのがまたヤバい。使える♀もサイズも状態も良くないので本当は♀をどこからか仕入れたいところ。
タイ産最大♂幼虫とケイスケ幼虫はまだ楽しめそうなのですができればまとも以上のサイズで出てきてほしい・・・


さて、去年を振り返り終わった・・・いや振り払ったところで今年の目標です。


① 県内全市町村のコクワガタ採集制覇
もはや惰性でやってねェか!? と自分に問いかけたくなるほど毎年目標にしてますが、
やる気を持ってやれば2年で40市町村完全クリアできる内容だったんですよねぇ・・・
自己開拓ポイントでオオクワガタを張ったりしなければ、今年でほとんどマップが埋まる予定ですけども・・・まぁ、無理だナ。南部方面が薄いので、そっちの方に意識を傾けていきたいです。

また、ちょっと似た内容ですが、マグソクワガタとヒメオオクワガタの未採集市町村もクリアしていきたいと思います。(この2種類は全市町村は無理だけど)

現在青森県40市町村中、採集済みなのは
コクワガタ:16市町村
マグソクワガタ:4市町村
ヒメオオクワガタ:16市町村


② ギラファ亜種保管
要するに、「今居るギラファの亜種を全て絶やさない」と云う事。
もはやギネス級を狙うとも言わなくなりましたが正直ムズイ(焦)
ニルギリは毎年ギリギリなのが変わってませんが現在は特にほとんどの亜種で危機的状況。ブリード時期が重なってきたことが一番の悩みの種です。ケイスケ以外は皆セットを組み始めなければなりません。
とりあえずその為に、脱走兵にズタボロにされチャタテムシが支配しつつある温室のメンテナンスをしなければいけません。
いやァ・・・ティモールの方はマジでチビ飼育にシフトしようかな・・・


③ マット系のクワガタに挑戦
余裕が出来ればと云う話なんですが、昔何度かやって玉砕してきたマットでないと飼育できないクワガタのブリードにまた手をつけたい願望がこの冬沸々と湧いてきました。具体的に言うと、ネブト・ツヤ・マルバネのグループです。
最近はネットで見るに、学生など若いクワガタ飼育者もツヤやマルバネのブリードに興味を持つ人が多いようでそれに中てられたのかもしれません(苦笑)
ギラファなどの飼育スペースの兼ね合いもありますし、今まで「簡単」と言われてきた入門種でも玉砕してきたものですから、あまり増種出来ない状況で上手くブリードするなら手堅くインターメディアツヤとかプラティオドンネブトとかで感覚をつかんだ方が賢いやり方なのでしょうが、自分は昔から「好きな虫」だけをブリードしてきたのでその考えを改めず、
ラスボス級のヤツに挑戦したいと考えています。


④ 今一度フタマタをやる
これものツヤと同じく環境に余裕があればなんですが、
フタマタクワガタの飼育の楽しみを味わい直したいと思っています。
だいぶ飼育年数を重ねた人間の場合、フタマタと言ったら世間ではボーリンやらフォルスター、サヌチみたいな高級志向の種類に目を向けがちですが、

「いやここでちょっと振り返れよ自分」と。

小学生中学生の時図鑑で心躍ったのは何だったか?
なんの基礎知識も持たない子供の頃に一目で驚かされたのは何という種類だったか?

マンディブラリスだろう!!!!
ブケットだろう!!!!
セアカだろう!!!!!

そしてマンディブやセアカも、赤みが出てちょっとオサレ感出てるボルネオ産じゃなく
野暮ったくて厳ついスマトラやマレーのが最高なんです!!!
小っこい♂♀ペアがワゴンセールで1,480円で売られてしまっているような
ソイツらの方を選びたいのです。
(だからと言って「高嶺の美人より近くのブス」みたいな理屈ではない)

飼育の感覚がに比べて今の飼育種と近い分、
今の考えではフタマタに手を出す方が率直に楽しみではあります。


⑤ 青森産クワガタ2種の革新そして・・・
去年(自分の中だけで)立案し、今年実行に移す県産クワガタの採集プランが
2種類のクワガタで今あるのですが、
採集に成功しない限りは記事での具体的な内容の公開が出来ません。
(片方は採集に成功しても直ぐには書けないかも・・・)
だいぶ非現実的な話になってしまうからです(もう何考えてんだか)、まぁこんなブログで書いたところで大した危険は無いんだろうけど。
以前、ネット以外の場でこの話を漏らしたことがあったのですが、聞く側からすれば「ビッグマウス」だと思うでしょうし、それ以外の何物でもない夢半分の話なのは承知の上なので、今年の目標の中ではこのが達成が最も難しい内容だと言えるのは間違いないでしょう。

しかし、もしこれが達成できてしまったあかつきには、
『普通の』記事は書きません。
『誰にでも読ませはしないけど誰でも読める』記事を書くつもりです。
現実させる可能性はこのの目標が最も低いのは前述しましたが、
同時に、今年一番気合を入れている目標もこのなんです。

とりあえずその時が来たらブログでお知らせしたいと思います。


⑥ 死虫を溜めこまない
実際まだツヤハダとヒメオオが・・・・・・・・・うぷッ(吐)




考えていた目標(予定)を挙げてみましたが、いやァまさか6つもあるとか・・・
(最後の⑥って目標ぢゃねェよな・・・)
タグ:日昆
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

量れっっ!! [鹿児島県産 トカラノコギリクワガタ]

冬晴れの日差し眩しい2月11日の午前中。

玄関の外の異様な光景を目の当たりにして一瞬身体が竦んだ。
荒らされている・・・。
物が散らかり散乱している。


特に酷かったのは、置いていたギラファの死骸







カラスめ――――――!!!!!(怒)



こんばんは、きれいに残しておいた大型ギラファノコの死骸(むき出し放置)
カラスに見つけられバラされた会長です。自業自得です。


今までカブトやクワガタを飼育してきて、

ダニ、

コバエ(ショウジョウバエ・キノコバエ)

線虫、

トビムシ、

不快害虫は対処するたび別の種類が湧いてその度に悩ませられてきましたが、
この冬にまた新作が出てきました。


チャタテムシ

薄茶色でパッと見は極小サイズのシロアリなんですが(最初そう思った)
温室内に敷いたベニヤ板が何の塗装処理もしてなかった所為で湿気でカビてしまい
かっこうの餌食にされてしまいました。
マットや菌床を餌床にしない分飼育中のカブクワに直接の影響はないんですが
標本に影響が出るし清潔感に欠けるので処理しないわけにはいきませんね。

大変でした。

虫が入ったビンを取り出し、色々コードが張り巡らされたラックを取り出し、掃除機で入念に床面を掃除し、ベニヤ板を外して掃除後、ヤスリがけして(サッと)新聞紙を広げその上で板に塗料を塗り(雪の為屋外で作業できない)、乾燥させて板を戻して順次元に戻す。

160208_0246~01.jpg

ようやく飼育環境の問題が片付いたので、
先延ばしにしていたトカラノコギリの蛹化ビン投入を行いました。


去年6月に♀成虫を単品で頂いて、採れた幼虫を1本目のマット&菌床で引っ張ってきましたが、目に見えてオガの量が減っている上ワンダリングも起こしています。
マットの方は特に泥っぽくなっていて蛹室を作られると非常に危なそうです。

蛹化ビンには1400cc~1700ccのボトル・ビンを用い、
マットを堅詰めして一定の広い空間を内部に作るように穴をあけ幼虫を・・・そっと。

使用マットは、粘り気のあるマットがカブトマットくらいしかなくそれを利用。
ガス抜きして乾燥させると粘り気が失せてサラサラしてしまうので未開封のやつを使いますが、袋から出して匂いを嗅ぐとちょっと心配になります。一応、ガスを薄める意味合いでガス抜き後のアンテマットと無添加発酵マットを混合。



自分は今回が初めてのトカラノコ飼育なので、
ここまでの段階で体重がどのくらいあるのか気になり量ってみました。
♂幼虫はどれも3令中期~後期、ワンダリングしている個体は全部黄色いかと思ったらそうでもなく、結構白めのやつもいるではありませんか・・・

ただ言える事は、
もうこれ以上は体重が乗らないということでしょう。

CA3I1013.JPG
一番最初に開けた幼虫がたった11gしかなくてショックでしたが、次のボトル交換に手を付けるたびにジリジリ大きくなっていきまして、
最大はやっとこさ15g。
皮肉にも、1000cc以上のボトルに入れてたマット組ではなく
1本だけ余っていた800ccのカンタケ菌床に入れた個体です。

やはりリュウキュウノコは菌糸に適応しやすいのでしょうかね。
しかし、菌床は乾燥と腐朽が進んでメチャ軽くなった物ですし、マットも評判は良いけど劣化が早くて養分が抜けやすいタイプの種類のヤツでしかも買ってからだいぶ経ってて色も変わってた物なので・・・こんなもんでも仕方がないんでしょうね。
調べてみると、羽化サイズ70mmを目指すには16g以上ないと心許ないようで、最大クラスが20gに達すると思うと、15gで小さくガッツポーズしている自分がなんだか可愛く思えてきます(苦笑)

ちなみに、1頭だけ♀も掘りだしてみたんですが、4.6g。
30mmいけるかも不安だ・・・
見た限り他のボトルの♀も対格差ほとんどないゾ・・・



11日現在、♀1頭だけ次の段階に移っています。
♂はもちろん♀でも蛹室を作っている個体は他にいませんが、今からもう蛹の姿・新成虫の姿を見る期待感が増しつつあります。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

2016年度羽化報告 ティモーレンシスギラファノコギリクワガタ ~ 46-x=? ~ [〆ギラファノコギリ (ティモーレンシス亜種)]

こんばんは、不定期かつ頻繁に発症する口内炎に悶えている会長です。

閏年、4年に1度の2月29日。
積雪のピークを過ぎましたが寒さが特に厳しくなる時期です。
飼育作業をするにも腰が重くなり寒い飼育部屋に入る頻度も減って、暖かい部屋でぬくぬくちくちく展足作業しかしていないのですが、展足するにもやる気がおきにくくて大分だらついています。
・・・ひとまず生き残り数少ないペーニャのマットを足しておきましたが・・・


さて、去年の秋ごろに羽化した一部のギラファが活動を開始し始めました。

その内、ある亜種について羽化個体が皆活動を開始したので、
記事にする頃合いとしても丁度いいので今日はその個体と飼育データを載せておきます。

今回はティモールギラファ
前回の記事では2セット組んだ末に計46頭の幼虫を確保し全て飼育する事にした、と書きましたが、さてその結果最大の♂は一体何mmになったのか・・・?






今現在生存中の全ての個体完全掲載!!!






 【産地】 ティモール島 西ティモール

 【累代】 F2

 【産卵セット日】 2014年10月6日

♀‐A1
36.JPG
2015年1月9日 割出 2令中期
           月夜野きのこ園Element菌床800ccPPボトルへ(既製品)
     8月 羽脱確認 36mm


♂‐A1
76.JPG
2015年1月9日 割出 2令後期
           月夜野きのこ園Element菌床800ccPPボトルへ(既製品)
     8月 羽化確認 76mm



♂‐A2
ギラファ・ティモーレンシス80.JPG
2015年1月9日 割出 2令 頭巾7mmUP
           月夜野きのこ園Element菌床800ccPPボトルへ(既製品)
     4月27日 3令確認
     5月3日 3令初期 7.2g 頭巾14mm
           やまのふもとスーパードルクスマット1500ccガラスビンへ(添加有り)
     10月下旬 羽化
2016年1月 羽脱 80mm






















以上。









1年前に46頭生まれたティモールギラファが今、累代の危機に直面しています。
累卵の危うきとは正にこの事。

死亡した個体は、皆ボトルからラベルを剥がしてまとめ保管しているんですが、
「8月下旬 羽脱」「10/18 掘」などの記入とサイズ表記のみ。
中には無記入のラベルもあれば、「11/24」とだけ書かれたラベルもあります。
11月24日に何があったんだ!!!? ダイイングメッセージみたいでなんか怖っ。


死亡ラベルの個体の内、記入がある分をまとめてみると、
Aラインが♂49~75mm・♀36~42mm。
Bラインが♂最大80mm・♀43~40mm。
つまり結果的には、両ラインどちらからも♂80mmは出てきたというワケですね。
記入した個体は特に測る気になった個体だけの数値なので、これより小さい個体が大勢居たと思われます。羽脱した時期もほとんどが8月中のようなので、皆盛夏の前には大勢が羽化していたという事になります。
また、管理場所の違いでかそれより一拍遅れて羽化した個体群もいましたが、ほぼ平等にエサ交換せずに1本がえしした結果、エサ環境は同じなので変態時期が遅れただけでサイズに何も面白みはありませんでした。

食わずにすぐ小さく羽化するティモールギラファとは言え、
今回の例でいえば、菌床が劣化する前に早期羽化した♂の方がサイズも良かったです(汗)
ボトルをひっくり返して羽化個体を掘り出す際、やはり小さい♂の方が中身の菌床が汚くなっていました。大きい♂のボトルは全くドロドロしていなくて均等にサラサラしたオガに還っていました。


ちなみに生き残りは一応これだけではなく、
劣化菌床が酷くなりすぎてエサに取り残された幼虫がまだ4頭居るのですが(交換済み)
今の羽化個体とは完全に活動時期がずれますし小さくなるのは確定なので、F3の夢(笑)はこの↑↑紹介個体に託すことになりそうです。



たいして大きくもないギラファノコの飼育データを載っけて
一体、何になると言うのか!
生き残ってる♀も小さい個体ってのがまたマイナスで悔やまれます。(親は42mm)
♂の80mmは嬉しい事に自己史上最大ではありますが46頭の内の最大と考えると溜め息が。




ただ、せっかく自己最大が出たので、他の亜種と並べて記念写真を撮ってみたくなり
「なんかイイ別亜種いねェかな~」と棚を漁ったら、イイのが居ました!

CA3I1024.JPG

80mmが嬉しくて記念にツーショット撮ったのに
見方次第ではただの公開処刑

掲載ついでに、正解しても賞品や特典はありませんがクイズです。

Q. 左の個体は何の亜種でしょう?


このブログを読んでいると正体はモロバレですが、
ブログから引っ剥がしてこの画像だけを唐突に見せられても的中できたら大したものです。

正解と思うボタンを押して、正解すると記事の続きが出てきます。
(勿論、クイズに付き合わなくても続きは見られますケドね)
ちなみに左のギラファは体長96mmです。















〉〉 ⇒クイズを無視する


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット