So-net無料ブログ作成
検索選択
~初めてこのブログに来られた方へ~
当ブログにご訪問頂きましてまことにありがとうございます。
『ネット検索して特定の種類の情報を収集するためだけにここへ来られた方』や
『既にここのブログで多数の記事を読んで下さっている方』、『ブログを通して交流のある方』
上記以外での初めてこのブログに来られた方には、
もちろん無理には勧めませんが出来れば第1回目の記事をまず読み流して頂ければと思います。
どんな方向に向かっていてどんなスタンスでやっているのか分かると思います。
すみませんねぇ、なんか押しつけがましい性格みたいです・・・

キバナガノコギリ 七重奏 [ギラファノコギリ (原名亜種)]

CA3I0262.JPG
クワガタ屋なのに買っちった。


11月30日に発売した日本産ゴミムシダマシ大図鑑が到着しました。
正直自分はほとんど分からない分野なんですが、外で採集をしているとホントにこの手のよく分からないヤツらが出てきて「誰だオマエは!!?」という事がよくありますし、そもそもゴミダマに強い図鑑なんて知らないので実は個人的にカユい所に手が届く感じでこっそり役に立ちそうな気がします。
今年の内で一番大きな買い物でしたよ・・・

到着して一番最初の楽しみは、新刊のページを開いた時のインクの香りを嗅ぐ事[いい気分(温泉)]
そんでもって、
一緒についてきたゴミダマ図鑑のポスターを開いてみたらカレンダーで面食らった。
昔みたいにBE-KUWAの付録で付いてきてたら面白かったろうな(笑)


それにしても、
クワガタ大図鑑も買ってないのにゴミダマ図鑑を予約で購入した俺って一体どこへ行こうってんだろうか・・・







今回の記事は別に「図鑑買ったよ」報告ではありません、
ここから本題です。


家で飼育しているクワガタの中で特に比重が高いギラファノコギリ
結構記事を書いてきたと思っていたのですが、
いくつも亜種がいる事もあって中には実際久しく記事を書いていなかったのもいます。

しかし、長らく書いていなかっただけあって、最後に記事を書いて以降何が起こってどうなったかと云うのを覚えていなかったり記憶が抜けているものもあります。
そこで、
いつもなら1亜種ごとに1記事ずつ分けて書いているのですが今回は一挙に5亜種7産地をまとめて記事にしたいと思います。

客観的に見れば「だんだん記事書くのがメンドくさくなってきたのかな?」
なんて感じにも見えるのですが違うのです。
・・・「1記事にたくさんの種類が出てきて豪華だね☆」と云う風に捉えて頂きたいのです!
(全部ギラファなんだけど)



① ティモーレンシス

前回の記事・・・2016年2月29日

前回の記事から9ヶ月以上が経過しております。

通常の「真面目な」飼育者の感覚であれば、
記事を書いた後に80mmの♂と生き残ってた36mmの♀をかけて産卵セットに潜らせていて今の時期にはとっくに幼虫が採れていて3令の成熟期になっていたはずです。

さて自分の場合はと云うと、
この時の記事の個体は全て個別管理のまま生涯を終え産卵セットなど全く組まずに終了しています。

その後がありません。



前回記事でも、2♂♂1♀が生存中個体の全てだと書いたので、
この内容であればここでまたティモールギラファの飼育は終了となるところだったわけです

後日温室内の「何だったか分からないボトル」を引っ張り出してみたところ、
【ティモーレンシス】のラベルが・・・

計3頭のボトルがまだ残っていました。

というのも、
通常の飼育でとっくに羽化した個体とは別に、マットや菌床の劣化で成長が遅れていた個体が当時居まして、それらをまともなエサに替えて以後遅れて羽化した個体が3頭ほどいました。




・・・これで今年も安泰じゃ!




・・・と思いつつ早や半年。

すでに♂♀1頭ずつしか残ってない・・・


CA3I0238.JPG
そして♂がもうボロボロ。


CA3I0240.JPG
11月10日にセットを組んで♂はすぐに逝去。

現在のところケース側面に卵は見えません。
ペアリング失敗したのでしょうか?
私はいったいこの一年何をやっていたのでしょうか?

あぁ~ギラファがオオクワくらい長生きだったらな。



② マキタ

前回の記事・・・2015年12月21日

マキタもまァ、早い話ズボラに管理してたらいつの間にか羽化個体が減っていってて
ギリギリ生き残ってた成長遅れの幼虫が僅かな数羽化して
たまたま♂♀そろった・・・と云うティモーレンシスと同じパターンで今セット中です。

減る前の時点での羽化結果は、
今期は♀があまりいなく♂ばかりだったのですが目立ったサイズのものは羽化しませんでした。
単純にエサ交換するほど幼虫期間を延ばさなかった所為で早期羽化、大型個体でもどれも90mm台でした。

そして、前回の記事で書いた106mmのWF1♂×51mmのF2♀のセットは失敗です。
懸念してた通り、菌床は熟し過ぎてボロボロに崩れて材の意味を成してなかったけど、マットにすら産まなかったなぁ・・・
日ごろの行いが悪いとか・・・そういう事は何もないのになんでだろうなぁ。

CA3I0237.JPG
さて、累代停止ギリギリでそろった♂♀についてですが、
ティモーレンシスと違って、ペアリングケースにいた時から産卵行動を始めていたのでまだマシですが、安心できない事にまだ孵化した卵がありません。



③ ニルギレンシス

前回の記事・・・2014年7月31日

ニルギリは毎回毎回累代には苦労しますが、
2年以上前に最後の記事を書いてからもう一周だけしまして、2015年にF3が少数羽化しました。

その個体らも休眠期間が分かれていて、
そう多くないF3個体群も
・羽化して半年以内に活動開始→2~3ヶ月で☆
・羽化後一年ずっと寝たまま→3~6か月で☆
と云うような扱いづらいパターンに分かれました。

♀も少なく2頭のみが羽化したのですがその2頭の♀の顛末は、

♀その1・・・
羽化した後半年以内に活動開始するも同時期に羽化が間に合う♂が居らずにじきに☆

♀その2・・・
羽化後1年間寝っぱなし(しかし途中ちびっと起きて後食、しかし寝る)→その後起きてちょうど♂が1頭休眠から起きたのだがモタモタしてたら予想以上に寿命が早く尽きる→最後に残っていた♂が1年寝た後ようやく起きてなんとかペアリングまでこぎ着けたものの、セットに投入する直前に体力が尽きて☆

CA3I0251.JPG
お前・・・起きるのが遅すぎンだよ・・・
なんやかんやあって、早い話が今家にはこの遅れてきた♂1頭(102mm)しか居ません。



④ ニシヤマ

前回の記事・・・2015年10月15日

ニシヤマは、98mmを筆頭に数等羽化した♂と僅かな♀をペアリングさせてF2を採ろうとセットを組んだのですが卵が採れず轟沈。
ギラファなのに・・・ギラファなのに!

結果として今現在のところF2の個体は未だ居りません。

しかしティモーレンシスなどと同様に、
粗悪な環境で成長が止まっていた2頭の幼虫を救出したところ運よく♂♀ペアになってました。
他の個体達は寿命を迎え、今の時点で生き残っているのはその2頭だけでして、
♀は先にこの夏に羽化してしまいその時♂はまだ幼虫。羽化した♀は体が固まったあたりで低温管理に移行(スラウェシの山奥の産地なので低温には強いはず)し、♂は23℃以上の環境で成熟を早めて今年11月23日に無事羽化しました。見栄えしない中歯です。
このまま問題なくいけば来年の初春にはブリード出来そうです。
我が家のニシヤマはラベルが変に混ざっていない時期に入ってきた貴重な産地なので、なんとか途絶えないように続けたいところです。できれば産むだけ産んでほしいと思っています。



⑤ 原名亜種(タイ チェンマイ県 インタノン山)

前回の記事・・・2015年2月27日

遠く記憶の果てに忘れ去られていたチェンマイ産原名ギラファ。
自分も今回ブログ用画像をSDカードから抜き取っている最中に見つけて思い出しました。

唯一見つかった画像がコレです。↓↓

CA3I0553.JPG
アゴ曲がりな上、これが何mmだったのかも覚えていません。

♂だけが生き残って2~3頭羽化したハズでしたが、残念ながら90mmを超すような大きな♂を見ることは叶いませんでした。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大した成果もなく、ずっとここまでギラファの話ばっかりで飽き飽きしているでしょうから
別の話題に替えましょうか、・・・ペーニャが途絶えました。


・・・さぁ、ギラファの話に戻りましょうか・・・




⑥ 原名亜種(カンボジア カンポット県 ボコール山)

前回の記事・・・2015年2月27日

幼虫が20頭ほど採れたWF1のカンボジア産。
基本的にマットへ投入し一部の個体をカワラ菌床に入れました。

しかしこの後ターク産の割り出しとかぶったことでエサ交換に手が回らなくなり、
カワラに入れた個体がギリギリ長歯になりかけたのを除いて
ほとんど中歯で羽化してしまいました(恥)
CA3I1209.JPG
サイズは♂の方は測る事は無く最大でおよそ8cm台半ば。
♀は最大50mmで原名亜種としてはなかなかでしたが、結局♂と会わせることも無くしまいには♂がほぼ全滅で累代不可、羽化から1年経ってもなお元気だったので同産地を持つNo.7に別血統として渡し累代は終了となりました。

(体力の限界!)



⑦ 原名亜種(タイ ターク県 ウムパン郡)

前回の記事・・・2015年3月15日

去年の晩冬に43頭の幼虫を得ることができまして、
4頭をオークションを利用し1人に販売、
8頭をブログ内のプレゼント企画で2人に譲渡、
残る31頭を我が家でその後飼育しました。
ちなみに、オークションで販売した4頭の幼虫は、その後♂♀2頭ずつに分かれたらしく羽化した(と思われる)内の1ペアが今年1月に東大阪の某ショップで販売されているのを発見しました。血の入れ替えができない産地と知ってか知らずか買った人は居たのか売れ残ったのか・・・
多分この産地は出所が1♀分しかないので、近い将来消えるラベルでしょう・・・


残した幼虫は他の例に漏れず、大半の個体をエサ交換時期を逸し、
♀は500㏄ビンで羽化してしまい40mm代前半をアベレージとしてカンボジア産より小型になってしまいました、
♂も菌床の劣化やビン容量の少なさが影響し中歯が多発。

そんな中でまともに大きくできた個体が実は1頭だけ居りまして、
まずはその個体のデータをここに記録しておきます。


WF1♂ 最大個体
CA3I0230.JPG
2015年3月1日 割出し 2令初期 頭幅7.5mm
           くわかぶプラネット Planet極H菌床800ccガラスビンへ
     4月29日 昼夜の温度変化が激しくなってくるので自家制作温室から
            冷やし虫家へ移動(20℃)
     7月26日 3令中期 31.6g Planet極H菌床3000ccPPポットへ
     11月23日 41.0g 森の昆虫社 アンテマット5000ccガラスビンへ
2016年7月2日 蛹化
     8月8日 羽化 107mm

親のWILD♀に追い掛けした♂が103mmとなかなか大きいのですが、それを超えたのはこの個体だけでした(と言うか100mm超えたのがコレしかいない)

最終ビン交換の時点でたった41グラムしかなかったので、正直100mmもギリギリいけるくらいかな~くらいにしか思ってなかったので、107mmは大出世と言えます。
成熟期に入ってから温室の底部で長々幼虫期間を引っ張ったのでそれが効いたのかも知れません。
目標となる110mmにもっていくには、自分のやり方では3令中盤までの時点で余裕を持って45グラムは超えていないといけないようです。
ちなみに2015年7月の交換時、同じタイミングで交換した他幼虫はこれより大きいもので33.3g・35.0g・37.1gというのもいました。(←「いました」)


次世代こそは!!!!




↑↑『来年こそは!次世代に期待!』とよく書いてる虫ブログほど進歩が見られない気がする。





・・・・・・とは言え、107mmもある巨大なギラファは我が家ではマキタ以来です。

ケイスケあたりを基準にしている飼育者からは「107mm? 小っさ(笑)」
などと言われてしまうであろうサイズですが
ケイスケなんぞよりずっとカッコいいのでこっちの方がエラいのです!(?)

CA3I0228.JPG
羽脱中の♂

CA3I0229.JPG
掘り出して初対面したところ

上手いギラファ飼育者は5リットルも使わないんでしょうが、
これだけ大きい♂が出てくると大容量を使った甲斐があるな・・・!

CA3I0247.JPG
原名亜種は地域によって歯型が違うのですが、この♂は非常に平均的な形をしています。
あくまで個人的な感覚でですが。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、続いてはこの羽化したWF1のブリードですが、
もう説明の必要がないくらいこれも累代停止ギリギリ手前でセットを組みました。

CA3I0140.JPG
小さいです。しかし♀はもうコイツしか残ってないんだ(苦)
しかも羽化してからしばらく経っているというギリギリの状態。

そして親♂ですが、先に書いた107mmではありません。この♂は羽化も同世代内で最後だったので♀の寿命に間に合いません。
代わりに、93mmと小柄ながらなかなか優等生な個体が居るのでそれを使いました。

CA3I0123.JPGCA3I0122.JPG
2015年3月1日 割出し 2令初期 頭幅6.5mmUP
           やまのふもと スーパードルクスマット800ccクリアボトルへ
     12月20日 3令 26.1g 森の昆虫社 アンテマット800ccPPボトルへ
2016年春 羽化 93mm

800㏄(汗)

この個体を種親にした理由はつまるところが
「小さい容器できちんと大きくなってくれたから」なのです。
暴れることも無くきれいにエサを食べてそのまま羽化してくれた個体はもしかしたら子にも良い影響を与えるのではないかと言う根拠もクソも無い理由です。

CA3I0141.JPG
セットを組んだのが9月24日

正直産卵行動に入るかどうかも疑わしいくらいヨボついていたのですが後日きちんと木を齧りだしていました。マットへの産卵は全く見られなかったので不安になって少しだけセットを暴いてみると幼虫が材の中に居るのを確認しました。

そして昨日12月10日
まず産卵木だけを割ってみたところ辛くも4頭の1令幼虫が確保できました(ギリギリじゃぁ)
採れた幼虫は、No.7を通して今年の5月にある方からご厚意で頂いたオオヒラタケ菌床に投入しました。






と云うワケで今回は記事を各亜種一括りにしてまとめてみました。
いつにも増して文章がぐちゃぐちゃでしたね、それほど書くのが苦しかったですよ今回。

呆れ半分感心半分ですがなかなか種類(産地)も多いものですネ。

しかし、

これでもまだ書き残していないヤツがいるんですなぁ・・・

年が明ける前に書き終えておこうと思うので、
次回もまたギラファノコギリ関係の記事となります。


つづく



        終了した在庫  1種類
         全ての在庫 15種類



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

選種交代世界最長!!? ~打ち切り編~ [〆ギラファノコギリ (ケイスケ亜種)]

(※一部過激な内容が含まれています、ギラファノコギリ好きな方は記事を読む前に一度心を落ち着けてから本文に進んでください)


今日は2016年1月18日です。・・・じゃない、2016年12月28日です。

こんばんは、
ボロボロになってガタが回った旧車から新しい車に替えたにもかかわらず
その車を2週間で中破させてしまった会長です。

前回の記事以降なぜか記事を書く気力が湧かず、
無理せず放置していたら見事に年末になってしまいました。

さて、前回は我が家のギラファノコギリを5亜種まとめて近況を書いてみましたが、
今回はまだ紹介していなかった1亜種のその後を今年を振り返るように書いてみたいと思います。



記事のカテゴリーでもうお分かりでしょうが、
残る1亜種は世界最大と云う名の世界最長と言われているケイスケ亜種です。

ギラファ最大亜種と云う枠内では収まらず、全クワガタムシ科中最長という事もあってその知名度もかなりのものでありまして、「広島カープ」と云えば黒田、「武将」と言えば石田三成、
「不倫」と言えば週刊文春、
「ビーフカツ」と言えば不正転売
と言うくらい「ギラファノコギリ」と言えば真っ先に思い浮かぶポピュラーな亜種なのです。

毎年野外品が出回り飼育も歴史が古く累代品も出回っていて、入手は亜種中最も容易です。
そんなギラファノコの代表格のケイスケですが、
今までほかの亜種は散々やってきたにもかかわらず、このケイスケに関しては今回が初めてのブリードでした。

他の亜種は今までやってきてケイスケはやった事無いというのは、他の種類で例を挙げるなら
「今までカブトを30種類以上飼育してきたのに国産カブトは飼ったことが無い」
というほど不自然なお話なのです。
ギラファを飼育するだけで考えるならケイスケが最も手を出しやすい亜種なのは前に書いてある通りですが、あえて避けてきた場所だったのです。

理由は、趣味の昆虫飼育としては至って明快なものです。
つまりKSKだからです。
K:ケイスケ S:そんなに K:カッコよくない)

ギラファを飼育する人は基本的に
亜種別に好みなのはどれかという話になると「一番大きいから」と云う理由でフローレスのケイスケ亜種を筆頭に挙げると思うのですが、自分はどうもあの雑な造形の大腮に艶消しの体表の「デカさだけで勝負」している感の虫に熱意が向かないんです。あくまでギラファノコギリと云う種の中での話ですが、形や色艶を魅力に感じている自分としては「最も魅力がぼやけている亜種」と感じるので飼育する気にはあまりなれなかったのです。
ブログを読んで頂いた事がある一部の人からは
「『多数派じゃない俺カッケー』的な感じで自惚れてるんだろコイツ」とも思われてそうですが
好みの問題なのでしょうがないのです。

とは言え、これだけ長く飼育を続けてきていて
「もっともポピュラーなケイスケギラファを飼育しないでギラファを語るのもどうなんだろ?」
と思い、経験の一環としてブリードを始めてみることにしたのです。



前回の記事では大型のWILD♀を仕入れたところまでは書いていたのですが、
その後、セットを組んでもなかなか産まない期間がしばらく続きました。

そこでとりあえず
CA3I0572.JPG
小さめ(8cm台)とは言え♂個体も入手し、
種付け後に再セットしたらようやく産卵が開始しました。
去年の5月頃のことでした。

しかし、前回の記事であれほど偉そうに語っておきながら
その後採集シーズンに突入し地球5周分のガソリン代と時間を採集につぎ込んだ果てに、見事に適正な割出し時期を大幅に外し、2令後期~3令初期の中途半端なサイズの幼虫を10頭弱だけ確保しました。客観的に見てもヤル気が半端じゃないですね。

スタートからいきなり駄目だったのですがせめてここから挽回しようと思い、
熟成菌床ブロックへ投入して3リットル容器飼育を開始しました。
フォースか何かが覚醒してくれれば今からでも105mmUPは狙えるんじゃないかと真面目に思っていました。

そしてまたまたマズイ事に
熟成菌床の劣化が想定以上に早く進行し、気が付いた頃には♂幼虫の一部は泥の中を這いまわっている始末。これでは盛り土も間に合いません。
違法ではないが非常に不適切なのでこの時の画像はお見せできません(汗)


♀の方はと言うと、流石に成長が早かったようで泥菌床化する前に羽化を終えていました。
CA3I1068.JPG
しかし、ホントにケイスケか?というような4cm程度の小さな個体しか出てきません。
活動も早々に始めてしまいますが、♂はこの時点で全くもって幼虫のままです。



エサ交換も一部済ませ、♂の羽化を待つこと暫く・・・・・・

今年5月、♂のケースを覗くといよいよ第1号の羽化個体が誕生したので、
数日後に期待と不安を半々にケースを暴いてみることにしました。


何が出るかな♪ 何が出るかな♪


CA3I1114.JPG
・・・え・・・・・・??

思わず、君の名はと尋ねてしまいそうな意味不明の歯型の個体が目に飛び込んできました。
いきなりの蛹化不全奇形です。
菌床の泥化からも分かる通り、大変恥ずかしい管理状況だったことによる脱皮不全が影響して大腮の先まで皮を脱ぎ切れなかったのでしょう、命を刈り奪る形をしています。
いきなりやらかしてしまいました。


その後、なんやかんやあって残りのほとんどの♂達もその後どうなったか記録として残してなくて、
唯一残っていたのが
CA3I0091.JPG
↑↑コレ。

親♂より小さいですがこれが今回の初飼育で最大の♂個体です。
悲し恥ずかしで思わずリンゴにペンをぶっ刺したくなります。



これだけ散々ギラファギラファギラファギラファ・・・と狂うように飼育していたのにケイスケに関しては最初だけ息巻いてその後良いトコ何も無しで終了してました。
この時点で既に♀成虫もご臨終しています。
いったい何のためにケイスケを飼育したのか分からなくなってしまいます。



迷走し過ぎて逆に神ってるとも言えなくもなくもない今回のケイスケ飼育記録、


普通ならここで最初から何もなかったくらいに自然に累代終了~。となるところですが、全くその通りでいつの間にか累代終了していたことも分からず我が家からケイスケは消えていました。
ここのブログの飼育記事のパターンをご存知の方ならば
「こいつなら大したことも無く終了するんだろうな」と安心して読んでいたかと思いますが、
大したことどころか長歯すら目にすることなく終了してしまったのはまさか自分も思いませんでした。



さて、ここまでめちゃくちゃな飼育記事を書いておいて
実はまだ今年のギラファノコギリの記事はこれで終わっていない
と云うのがこの記事で最も書きたかったことでありこの記事の最後のまとめです。


ギラファ飼育も7亜種を数え、さらに危険な領域へと突入する・・・
・・・とかテキトーに煽っておきます。




           終了した在庫  1種類
            全ての在庫 14種類


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

選手交代世界最長!!? ~高輝度編~ [ギラファノコギリ (ダイスケ亜種)]

こんばんは、
先日会社の忘年会で景品を賭けて行われたビンゴ大会で、
40名ほどの社員の中で一番下っ端の自分がまさかの1番抜け
・・・しかもそこで遠慮なしにしっかり「ビンゴ!!!」とコールしてしまった会長です。


さて、前回の記事までで
これまでブログで登場し飼育してきたギラファノコギリのこれまでを全て紹介しました。

その亜種を挙げると、

原名亜種
ニルギレンシス亜種
ティモーレンシス亜種
マキタ亜種
ニシヤマ亜種
ケイスケ亜種

そしてブログには載せていませんが、
ボロブドゥール亜種
も、小学5年生時に飼育していた事を飼育ファイルの『カブト・クワガタ飼育済リスト』で紹介しています。
自分の今までのギラファ飼育経験亜種は記載されている全9亜種中7亜種






さて、今から半年以上前の今年5月の事です。



CA3I1165.JPG

ある荷物が届きました。







.


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

歴シート ~2016~ [日昆 諸記]

さてなんとか年内に書いておきたい2016年の歴シートです。

その年に仕入れた虫と今の飼育部屋の状況をリストでまとめる毎年恒例の記事ですが、
もう時間がありません。

ズバッとサラッとパパッとササッとスラスラっとまとめて今年最後の挨拶として終わりたいと思います。



実はまだ今年紹介していなかった虫がいます・・・



画像なし

シカ(フキヌキ亜種) ミャンマー サガイン管区



12月になって幼虫として入手したものでして、よって画像がありません。
以前飼育していたので記事のカテゴリにも並んでいます。どんなクワガタだったかはそこで確認してもらえると助かります。

今や一部のマニアックな種類を取り扱う専門店やネットオークションで飼育品が僅かに出回る程度の亜種なのですが、
少し無理をすれば手に入る金額のものが出ていまして、それを落札しました。

この時出品の終了時刻に運悪く家に居らず、
パソコンも無いしケータイはガラケーでヤフオクが使えないしで、その場にいたパンドラからスマホを借りて急いでログインして落札した・・・と云う経緯がありまして
やってきたこの幼虫を見る度苦笑いしてしまいます。

ひとまずそれぞれボトルへ移動しました。飼育再開です!



【2016年の入手分】(購入したもの 50音順) 青字は今年初入手種

ギラファノコギリクワガタ(ダイスケ亜種) 成虫
インペリアリスツヤクワガタ(コモリ亜種) 成虫
アマミシカクワガタ 成虫
シカクワガタ(フキヌキ亜種) 幼虫


 【飼育状況】

[on]セット中[on]
マキタギラファ
ダイスケギラファ
ティモールギラファ
トカラノコギリ
アマミシカ


[次項有]成虫管理中[次項有]
ダイスケギラファ
マキタギラファ
ニルギリエンシスギラファ(累代停止?)
原名亜種ギラファ(タイ)
ニシヤマギラファ
カネギエーテルノコギリ
オキピタリスノコギリ
ツツイシカ
ヒメオオ
アマミシカ
トカラノコ


[ぴかぴか(新しい)]幼虫管理中[ぴかぴか(新しい)]
原名亜種ギラファ(タイ)
ダイスケギラファ
オキピタリスノコギリ
アッサムシカ
トカラノコギリ
ルリクワガタ?
マダラクワガタ




ではまた来年、良い事だけ起こりますように(笑)



             再入荷した在庫  1種類
                全ての在庫 15種類



タグ:歴シート
nice!(0)  コメント(0)