So-net無料ブログ作成
検索選択
~初めてこのブログに来られた方へ~
当ブログにご訪問頂きましてまことにありがとうございます。
『ネット検索して特定の種類の情報を収集するためだけにここへ来られた方』や
『既にここのブログで多数の記事を読んで下さっている方』、『ブログを通して交流のある方』
上記以外での初めてこのブログに来られた方には、
もちろん無理には勧めませんが出来れば第1回目の記事をまず読み流して頂ければと思います。
どんな方向に向かっていてどんなスタンスでやっているのか分かると思います。
すみませんねぇ、なんか押しつけがましい性格みたいです・・・
〆インペラトールホソアカ ブログトップ

入荷ラッシュ 第5番 [〆インペラトールホソアカ]

つい先日、
某キクロの王様を材飼育しているケースを覗いてみたところ、

1頭脱走しておりました

その1頭というのが、先日材を交換したばかりの「材飼育唯一の♀」だったんですね。

んでもって、
「元に戻れ~」ってな具合にもう一度材に突っ込んで、めでたしめでたし。
で終わるつもりだったんですが……

後日もう一度覗いてみると、
また出てきていたんですわぁ。

「あ、この材は気に食わない(木に食わない)なんだな…」と判断して、

今日、衰弱死しない内にマット飼育に切り替えてあげようとケースを出してみると………















あ…。 こいつ…………












2011 05 05_1824.JPG
やりおったわ。



〇這いか!? 〇這いなのか!? タチが悪いわぁ~




けど俺は…放っておきます。





さて、いきなりエラフスの話に突入して「入荷記事じゃないのか!!」
変な空気になっておりますが、

勿論入荷しておりますよ~



2011 05 05_1825.JPG
この虫はつい数日前に到着したばかりのものです。

自分は基本的には欲しい虫がある時は
『外で採る』か『ネットor店から買うor落とす』のどちらかで、
Yahoo!FC2等の大コミュニティを形成しているブロガーさんのように

『〇〇さん血統着~弾~[るんるん] とか
『〇〇さんトコから爆撃が…』 みたいな
交流を日常茶飯事で繰り広げるような事はあまりせず、
画面上から冷ややかな目を当てていました「こういう交流は俺の方向性と違うナ~」
と思いながら見ていました、と言うか見ていますが。

今回は、このブログを通じて知り合った飼育者さんから頂きました。




インペラトールホソアカ ニューギニア島 パプア州 ワメナ





我が家では希少になりつつあるキクロですよ!

最近は特段、他の飼育者の方から虫を『貰う』と云う事に抵抗も無くなってきました。
丸くなったねぇ…俺も

因みに頂いた生体は幼虫ですので、
今回は画像はありません。





勿論頂いたワケですので、今後の生死の保証は出来ませんよ?

イヤイヤ、大切にさせて頂きますヨ。



           再入荷した在庫  1種類
              全ての在庫 36種類


nice!(3)  コメント(6) 

別れ道 [〆インペラトールホソアカ]

3月半ばに組んだインペラのセット、
2ヶ月経ちましたが外から見ても食痕は見えません。

それどころか
2010 05 17_1085.JPG
こんな感じで親♀が死んでいるワケですが
分かる人は分かるでしょうがこう云う感じで死んでると何か嫌な予感がするワケですよ…

気合入れて組んだのでせめて5~6頭は採れてほしいところです…



早速ケースをひっくり返してみますと…

2010 05 17_1086.JPG
埋めた砂埋め霊芝が無傷。


マットを大まかに割っていきますが綺麗に…産んでません……

霊芝材をもう一度見てみますが無傷、無傷無傷 !


肉質もDVマットに埋まっていたせいかかなりよろしく、
2010 05 17_1088.JPG

よ~し完成したぞ~(泣)
もうどうしようもないからそろそろシーズンに入るあのクワガタ・・・・・・に使うために保管しときます。


と云うワケで今回も轟沈に終わりました。
もうこうなったら幼虫で始めたるじゃ……



しかしまだまだ飼育種達とのお別れは続きます。

だいぶほっといたままだったアラガールホソアカですが
知らぬ間に一頭も居なくなってました。
良い血入ってるヤツだったのに…
金が無いから今年中にはリベンジできないだろうな…



そして先日完品ではまだ出て来ない事を発表したローゼンベルグオウゴンオニですが
その後蛹室を作っていた期待のが亡くなりました。

♀は悲しい事にその1頭のみだったのでこれにて累代断絶と相成りました。
やっぱ常温じゃ無理だったか…(←馬鹿かオマエ馬鹿だろ! )
とりあえず温室の容量が増えるまでローゼンはいったん終了の方向で…
初心者はやっぱりモセリから始めた方が良いのかな~

ちなみに、先日玄関で古いローゼン♂の死骸を見つけました。
外で直射日光を浴びまくったせいだと思いますが、
2010 05 17_1089.JPGシルバータイプ.JPG
非常に美しいシルバーになっておりました。
あぁ~こう云うの見ちゃうとオウゴン止めたくなくなるんだよな~
日光でシルバーに成るんなら殺菌灯で作れるのかねェ…








さて   と…

ちょっと減っちゃった分何かもっと面白そうなカブクワ増種しようかな~

何がいいかな…





そうだ!
アトラスオオクワガタ.JPG
アトラスオオクワガタとか面白そうだな~  ブハッ!!



      尽きた在庫  2種類
      全ての在庫 32種類


nice!(1)  コメント(2) 

セカンド・エンペラー [〆インペラトールホソアカ]

永かった…

今回はニルギリエンシスに続いて復活シリーズ 第2弾です! ! !

第2弾は4大キクロマトスの中で一番のお気に入りの一品…



2010 03 19_0966.JPG

インペラトールホソアカWILDです! ! !



ん!?  単品買いかって?
モチロン、ペアで買いましたぜ !


ほら↓



2010 03 19_0964.JPG



                               ……ね?

輸送中に落ちちゃったんですな~これが。
死因は勿論凍死です。

インペラはWILDの入荷は最近カナリ少なくてしかも上半期しか入って来ないから
時期が選べないんですよ。

インペラトール ワメナ.JPG

判り辛いでしょうが色彩はダークグリーン(ビリジアン)です。
結構この色多いですよね。
標本行きですわ。


まあ♀は状態が良いので期待できると思います。


さて、前回飼育していたのは西パプア州・ファクファク産でしたが
今回はパプア州・ワメナの個体です。

♀の色は銅緑色ですが、
前回ファクファクWF1も期待しながらも普通に銅褐色だったので色に期待は出来ないですね。

と言うワケで、2~3日休ませた後
昨日遅くならない内にセットを組みました。

前回大ケースにグローバル大阪さんのDVマットとビートルマットの2色に分けて
それぞれに砂埋め霊芝材を埋めたところ
明暗を分けるようにDVマット&霊芝材に産んでましたんで

今回はDVマットと砂埋め霊芝を使用、
ケースは深さがあるBeケースの中です。

2010 03 19_0962.JPG

半分に切った霊芝材を斜めに埋めました。
実は直前までどう埋めるかカナリ悩んだんですよ~ (どうでもいいかな?)

2010 03 19_0963.JPG

マットもほぼいっぱいいっぱいに詰めました。

エサも転倒防止材も入れずそのまま♀を投入しましたが
流石状態が良いだけあると言うか、すぐ潜り始めました


       再入荷した在庫  1種類
          全ての在庫 36種類



関係無いですが、今ニュース見てたら
昆虫専門店で大量の虫が盗まれたみたいですね。

そんな事今でも起きるんだなァ…

nice!(0)  コメント(2) 

途絶えた皇族 [〆インペラトールホソアカ]

無反応のケース。


幼虫は外から見えない。


親ペアはご臨終。


割り出すと…


何も居なかった。


木は齧っていた。


産座もあったが空洞だった。


どうやら未交尾だったらしい。


あんだけ同居させていたのに。


4大キクロマトスのブリードに大きな穴が空いてしまった…


故 インペラトールホソアカ.jpg



そもそも1ペアしか残しておかなかったのが失敗だったな。
来年絶対リベンジしよう。
ファクファク産手に入るかな……?
出来ればファクファク、ワメナの2産地を……………


          尽きた在庫  1種類
          全ての在庫 29種類


nice!(0)  コメント(2) 

ウッドクラッシャー [〆インペラトールホソアカ]

ついさっき、こないだセットしたインペラの様子を見てみると……! ! ! ! ! ! ! ! ! !

うわわわァァァァァァァ―――――! ! ! !
何してんだァ!?テメェオ―――ィ !

何してんだァ!オイ!!.JPG
セットしたばかりの霊芝材をブッ壊してます…

どんだんず !(←使った事無いけど)

わざわざその長い大腮で…

おかげで霊芝材が片方表面グッシャグシャになってしまいました、
これじゃカビ生えやすくなっちまいます。
どうしてそんなことするんでしょうかね?

しかも、この皇帝殿は随分頑張ってくれたみたいです↓

Before.jpg
Before



After.JPG
After


見た目だけは「爆産」してるようになってますが…
いくら夫だからってそんなに先走るなって~(←ぜってー違うな)

♀はセット直後すぐ潜ったまま出て来ないので(=多分産んでる)、
♂は取り出してもイイだろ別に…

nice!(0)  コメント(0) 

GROUND ZERO [〆インペラトールホソアカ]

特に変わったネタも無いのでセッティングネタを1発。
事は2日寝かせた一昨日(木曜日)の物です。

午前中、セットする砂埋め霊芝材を鋸でギコギコ。
硬い木口断面を切り落とします。

霊芝材 断面.JPG
中央の超硬い芯には毎度毎度苦労させられます。
おかげで親指が水膨れになりました~

さらに、表面積確保のために縦に切ります。
思ったより早く切り終えたなぁと思ったら、だいぶ芯を外して切ってました。
(垂直を目指してたのに斜めに入っちゃったのね…)
霊芝材 半分.JPG

その後は学校に行って…
帰ってきて夕方作業再開 !

霊芝材を水に浮かべて加水、
その間マットを準備、使用したのは親(WILD)の時にも使ったDVマット

まずはケース(大)にエラフスのセットの時のように底1cmチョットを無加水で固めます。

次に、別容器で加水したマットをその上に広げていくんですね。
加水量は、容器を大きく揺らして傾けてももマットが動かなくなり始めるくらい。

そしてチョット入れて、いい時間になったら霊芝材を取り出し皮を剥ぎます。
樹皮の下のザラザラ部分(形成層?)を剥がします。
綺麗に剥がせるもんですね。椎茸廃材だといちいちめんどくさい剥がれ方しますからね。
剥がしたら、水分を抜くために新聞紙で包みます。気休め程度ですが…

さて材はチョットほっといて、マットの作業に一旦戻ります。

ケースに入れる加水する分のマットの内半分以上を入れたら
(何度かに分けてやるので時間が掛かりました)、
新聞紙を取った霊芝材をそこそこ埋めます。
2009 07 31_0220.JPG

材の下になるの部分のマットをちゃんと埋めて固め、
後は全体をムラなく固めます。

あとは、残りのマットをさらに入れて殆ど埋めます。
前回の時は、地上に出た部分は全くの手着かずの状態でしたので。
下準備完了.JPG

ここまでくると、固めた分の余分な水を底のマットが吸ってくれます。↓
丁度良い具合.JPG分かり辛い…

最後に、ゼリースプリッターで半分にしたゼリーと主役の親(今回は♂も同居)を入れて
きぼう.JPG
新聞を挟んでフタをして完了です。
(あんまり♂が転ぶようだったらとまり木とか入れよっかな~)

その後、セット完了後数十分で潜り方をつかんで下に潜って行きました !
(地表の部分も固めているので、潜るのには苦労をかけていると思います)
早速….JPG

この♀は年末に羽化した者で、家にはこの1ペアしかインペラが存在しないので、
このセットが多分最後になると思います。

いつもの事だけど、ホントギリギリの状態で累代してる1発勝負状態ですよ。

この♀が爆心地となって「我が在庫のインペラトール(皇帝)」の座を確立してほしいです。

nice!(0)  コメント(0) 

4大キクロマトス ~其の3~ [〆インペラトールホソアカ]

それでは4大キクロ 後半に突入です。

今現在、4種の内まだ3種しか手元にありませんので
未入荷の1種を除いて最後の4大キクロの紹介です

自分の一番好きなキクロなんで力が入ります。

        インペラトールホソアカ.jpg
  インペラトールホソアカ(原名亜種) (ニューギニア島 西イリアンジャヤ州 ファクファク)

ニューギニア最大のクワガタ(だったかな)インペラです。

自分が思うにホソアカで最もゴツいと感じます。

同じ体長で他のキクロ同士で並べたら、

コイツが一番デカく厚く見えるはずです。多分……

近い種類にモンギローニスプレンディドゥス、等と呼ばれているものがあり、
地理的な問題から、分類について確定的な答えは現在出ていません。

インペラの種類については、
くわがたマガジンNo.17(現 KUWAGATAMAGAZINE)やBE‐KUWA 19
あたりを参考にしてます。

そういえば、どうでもいい事ですが
モンギローニの基産地はファクファクらしいですね。

よく出回っているインペラは、
主にワメナ産かファクファク産のようです。

あまりたくさんの個体を見てきたワケではないんですが、

銅色~褐色を基本色とした中で、
ワメナ産は赤系統の色彩が現れやすいのに対して、
ファクファク産は緑系統の色彩が出やすい印象があります。

ウチのファクファク産も緑~銅色で羽化してきています(WF1)。

インペラトールホソアカ .jpg
コッチは32mmの♂(大型の方は76mm)

因みに、寿命が平均4~6ヶ月のCycrommatusの中で、

この種類は長生きする方でトップクラスです(1年以上です)

繁殖もメタリフェルの次に簡単と言っても過言ではないと思う。

初めてホソアカクワガタを飼う方は是非インペラトールをやってみて下さい!!!
            (メタリフェルの方が入手が容易で値段も安いけどすぐ死にますからね)


さて、今日はインペラを載せましたので
1~3を読まれた方は最後の種類は察しが付いているかもしれないですが…

            そう正にその通りです! ! アイツです !


               アラガール
               インペラトール New
               ????? ←コイツは…
               クプレオニテンス
               タランドゥス
               メタリフェル


    ブログに載せた在庫 12種類
         全ての在庫 27種類


nice!(0)  コメント(0) 
〆インペラトールホソアカ ブログトップ