So-net無料ブログ作成
検索選択
~初めてこのブログに来られた方へ~
当ブログにご訪問頂きましてまことにありがとうございます。
『ネット検索して特定の種類の情報を収集するためだけにここへ来られた方』や
『既にここのブログで多数の記事を読んで下さっている方』、『ブログを通して交流のある方』
上記以外での初めてこのブログに来られた方には、
もちろん無理には勧めませんが出来れば第1回目の記事をまず読み流して頂ければと思います。
どんな方向に向かっていてどんなスタンスでやっているのか分かると思います。
すみませんねぇ、なんか押しつけがましい性格みたいです・・・
日昆メンバー ブログトップ

日昆No.6 と云う男 [日昆メンバー]

完全身内ネタである日昆メンバー紹介。

毎度断わっておきますが、このカテゴリにおいては情報が新しくなるようなことがあれば
容赦なく書き換えて更新していきます(もはやブログじゃねぇ…)






さて、日昆会長 諸記の採集記他では度々他のメンバーが登場人物として出てきます。
日昆の重要メンバー達、
その中で今回はNo.2と並んで採集記での登場頻度が高い、No.6の紹介です。

ようやく4人目を書くとこにまでやってきたかぁ~~
毎度毎度この記事を書くとき、本人のシルエットを描くのが一番大変なんだよなァ
                        (けど逆に楽しみでもあるんだけどね…)



〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇

プロフィール  一部私見ありかも…
No.6画像.jpg

 日昆ナンバー : 6  創立メンバー

 年齢 : 同期

 グループ内ポジション : サポート役
                  かなりルーズな立ち回りをする反面、
                  メンバーが行き詰った時はそっと助言を添えてくれる事も

 採集中の機動力(社内) : 高所での立ち回りは社内で最上位
                   ルッキング・灯火・材割りでの成績は平均して
                   特筆すべき点は無いが、
                   木などの高所や、足場の悪い斜面で
                   作業・採集する際には率先して行動する。

                   採集自体は彼自身スロースターターであり、
                   切り替えや集中力にやや難がある。
                   また、メンバーほぼ全員そうなのだが、
                   単独での出撃はまずない。

 カブクワ趣味のカテゴリ : どれに当てはまるかといえば、かろうじて飼育だろうか。
                   飼育種数では現時点で実質社内2位ではあるが
                   ブリードにはまだ少し勉強が
                   足りていないと言ってしまえばアレなのだが、
                   継続的な累代が出来るまでの腕はまだ無いかも知れない。
                   2世代以上累代したことがある虫は多分1種類…

                   採集でも特に本人から推して「行こう」と言う事はないので
                   これも何か寂しいものがある。

                   標本は、意外と展足して箱に入れていたりするので
                   こちらのケもあるかも知れない。

 カブクワの好み : 基本的に色虫。
              ホソアカ系やノコギリ系をはじめ、
              色虫の典型でもあるキンイロやニジイロの方にも強い。
              過去にやったクワガタではオオヒラタ系や外産コクワもいたが
              本人は見限ったようだ。

              カブトの飼育に関しては抵抗があり、
              またゴロファに至ってはその奇怪な容姿が生理的に
              受け付けられないそうであり、
              クラビゲールやポルテリーには指一本触れようとしなかった。
              過去の飼育種には
              ミヤマ
              ノコギリ
              エラフスホソアカ
              ビソンノコギリ
              アルキデスヒラタ
              カウピホソアカ
              アンタエウスオオクワ
              マキタギラファノコギリ
              エレガントゥルスコクワ
              インスラリスキンイロ  等がある

 彼のカブクワイメージ : マキタギラファノコギリ
                 インスラリスキンイロ
                 撤退した今でも俺個人として彼はこのイメージが強い…

 平均飼育種・経験種数ランク : 社内2位

 専門分野 : 『特撮』
          いわゆる特撮映画・ドラマの分野にかけては昔から語り合う仲である。
          虫よりもこの分野の方がよく話をしていると思う。
          俺自身がウルトラシリーズ中心でその他ちょこちょことした部分を
          カバーしているのに対し、彼自身はそれ以外のほぼ全てをカバーしており、
          ゴジラシリーズと東宝特撮が特に中心。
          出撃の際に車内に流す「宇宙大戦争マーチ」をはじめとする特撮音楽は
          彼からの提案である。


〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇



俺自身、「ああ、そういえばそうだなぁ…」と云うことだったんだけど
メンバー中で最も古い付き合いだったのがこのNo.6なんですね(since小学1年)
なんか色々と走馬燈のように思い出が浮かんでくるなぁ…
(でその流れでまた「昔は良かったなぁ」って展開になるんだよな…)

メンバーの中では特にフレキシブルに付き合ってくれる男の話でした。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:仕事

日昆No.2 と云う男 [日昆メンバー]

(編集・加筆 2016年1月25日)

まず断わっておきますが、このカテゴリにおいては情報が新しくなるようなことがあれば
容赦なく書き換えて更新していきます(もはやブログじゃねぇ…)






さて、日昆会長 諸記の採集記他では度々他のメンバーが登場人物として出てきます。
日昆の重要メンバー達、
その中でも今回は結構クセのある1人、No.2の紹介です。




〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇

プロフィール  一部私見ありかも…
No2画像.jpg

 日昆ナンバー : 2 副会長  創立メンバー

 年齢 : 同期

 グループ内ポジション : 副会長・賑やかし役?
                  極度の自由行動主義者と言ってもいいかも…

 採集中の機動力(社内) : 灯火・樹液などルッキングにおいては社内で最上位
                   続々と飛来するカブクワを次々捕っていく手際の良さと
                   虫を見つける時の視力の良さは常人以上である。
                   
                   発見し辛い場所に居る個体を捕るセンスも彼ならでは。
                   小学生時代からその才能で数々の生物を捕獲しており、
                   有害な動物であっても実害を受けない限り恐れを見せない。
                   そのため出撃時には多岐にわたって動物観察をしている
                    
                   2009年まではNo.4と共に2マンセルで出撃することも。
                   基本的に出不精で地元の町会から外は県外(圏外)と豪語
                   するほどのインドアでもあるが、野外での立ち回りが前衛的で
                   本人をして「半ドア」と言いしめる。
                   飼育は現在ノータッチなので採集がメイン。
                   彼自身自発的な採集はまず行かないのだが、眼力といい
                   俺の目から見ても彼は屋外向きのメンバーである
                   No.6と組むと途端に制御がきかなくなる。

                   飼育面では放置飼育のプロであり、
                   彼独自で編み出した放置飼育法『ホーチキ』
                   巨大種ヒラタを悉く超小型で羽化させると云う恐ろしい技。
                   因みに飼育データ・個体ラベルはどうでもいい派

                   標本はやらないが何故か死骸はとって置いている

 カブクワの好み : 冗談だが『小っちゃいヒラタ』とのこと。
              材割採集の経験から、超小型種の採集には特に渋い顔を見せる。
              マグソクワガタ採集の楽しみが分かるあたりはやはり只者ではない…
              中学の頃は色虫に手を出していたが
              ここ数年は全く増種する意思を見せない(泣)
              
              過去の飼育種には
              マンディブラリスフタマタ
              ニジイロ
              ミカルドキンイロ
              メタリフェルホソアカ
              チベットミヤマ
              ヘラクレス・リッキー  等がある

 彼のカブクワイメージ : マグソクワガタ

 飼育経験種数ランク : 社内5位(No.5とほぼ並立)

 その他特技 : 『錠前開け』
           本人はやはり開けた時の達成感が好きなんだろう
           特にダイヤルロック式には強く、
           一部の仲間からは「鍵師」とも称され
           その腕前は素人にして某マンガの主人公を彷彿とさせる(笑)

 趣味 : 『ゲーム』
        いわゆるテレビゲームや携帯型ゲームの事。
        懐事情に反してこの手のゲーム(本体機器・ソフト)は最優先で購入する。
        早い話がゲーマーである。


〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇



彼の生活サイクルはかなり狂っているようで、
もしかしたらこの俺でも敵わないかも知れないです。
生物以外の趣味では俺とは近い様で全く合わず、俺は話についてけない事がしばしば。
そして「俺ら東京さ行ぐだ」的な願望がゼロの地元町内完結型の人間です。
それとメンバー活動時No.6と組んで俺を攻撃してくるのは何故だ!?

とは言え、なんやかんやでいつも俺のわがままを聞いてくれているので感謝してます。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事

日昆No.4 と云う男 [日昆メンバー]

メンバーズに関してはなかなか書くことも難しいですね。
そんなカンジで今日は1人メンバー紹介したいと思います。






もうすぐ県外に出ていく男が1人います。

その男、No.4
就職組としてこの青森から関東へ越すと言う事で
本日集会で会議、今居る虫の在庫を持っていくのかどうか悩んでいたようですが
持って行くとの事で結論しました。



〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇

プロフィール   一部私見アリかも…
No.4画像.jpg

 日昆ナンバー : 4   創立メンバー

 年齢 : 同期

 グループ内ポジション : 意見・考察役
                  会議内では役回りは自分(会長)と比較的近い

 採集における機動力(社内) : 灯火においては上位
                      網によるスウィーピングは彼自身が主に担当している
                      出撃の際の出席率はやや悪い(2009年度調べ)が、
                      近場であれば単独で出撃する事もある

                      小学校時代の地元学区内の採集フィールドは
                      No.2と共になかなかの経験を有しており
                      隠し採集ポイントも抑えている
                      (私自身も中学・高校時代には何度か
                       採集ポイントを彼に教えてもらっている)

 カブクワ趣味のカテゴリ : 大半は飼育、
                   社内で産地ラベルにこだわる人間は今のところ少数な中
                   彼は産地ラベルにこだわりが有るとの事。
                   カブクワ産地の考察・開拓にも意欲的である。

                   採集もなかなか積極的である。

 カブクワの好み : 現在は国産大型種で特に地元産本土ノコギリ
              社内では国産ものに関して最も熱が入っており伸びしろがある
              また、外国産メジャー種も幅広く好み
              過去の飼育種には
              ダイオウヒラタ
              ニジイロ
              スペキオススシカ
              タランドゥスオオツヤ
              インターメディアツヤ
              ミンダナオアトラス 等がある
              
 彼のカブクワイメージ : ノコギリクワガタ

 平均飼育種・経験種数ランク : 社内3位


〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇


今現在は年度の変わり目と言う事で
在庫は雲谷産ノコとネパールコクワしか居ないのですが
落ち着いてきたらまた増種していくと云うらしいです。

日昆の活動方向について話せる数少ないメンバーの話でした。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事

日昆No.1 と云う男 [日昆メンバー]

この「日昆メンバーズ」と云うカテゴリを作ったはいいが
実際はどんな事書きゃいいんだろ~な~と、よく分からないという事態を乗り越え、

取り敢えずそれっぽい紹介をすることにしようと云うことでやっていきますわ、

特に今は虫ネタも無いので暇があるので書いてみます。
どんな人物か主観客観交え思い出も振り返りながら…




〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇


プロフィール  自分の事ですからもちろん私見です…
会長画像.jpg

 日昆ナンバー : 1 会長  創立メンバー

 グループ内ポジション : 会長、企画・運営・招集役 他多数
                  言ってしまえば泥被り。

 採集中の機動力(社内) : 経験と回数だけなら社内で最上位
                   基本的に(カブクワは)外灯採集と材割りがメインで
                   樹液採集やトラップ系は経験が浅い。
                   現場では地図係も兼ねる。
                   難儀な場所・空間に留まるクワガタを確保するテクニック、
                   執念は高等の域に達していると自負する。

 カブクワ趣味のカテゴリ : 比率で言うなら、飼育5:採集4:標本1
                   小さい頃からカブクワ以外の昆虫採集はしていたが、
                   初めてのカブクワは購入個体の飼育から始めたため
                   現在に至るまで主に飼育がメインとなっている。
                   ブリードする際は累代の浅い物(WILD、WF1、CBF1等)
                   以外の個体は極力手を出さないようにしている。
                   廊下や居間をケースやボトルやカップで侵食している。

                   採集は、大型~中型種の材割りに対しては抵抗がある。
                   (この手の種類ならば夏場に野外活動する個体を採集すれば
                    発生木を無暗に傷つける必要もないと考えるため)

                   標本は、
                   「作りたいけどやる気になれず死骸を溜めてしまう」派

 カブクワの好み : クワガタ飼育は主にシカ・ホソアカ系統と
              安価なためノコギリ系統をメインにおいているが、
              実際は巨大種から飼育に向かない超小型種まで
              多種に渡って興味を持っているが、
              一部を除きドルクス系統には熱が入りにくい。
              カブト飼育は主にメガソマ・ゴホンヅノ系統に熱が入っているが
              実際は中型種~巨大種なら関心は高い。ただ、
              ヘラクレス種においてはリッキー以外の関心は極端に薄い。

 平均飼育種・経験種数ランク : 社内1位

 その他特技 : 『居眠り』
            クラスに1人居るか居ないかと云うレベル??
            中学の半ば頃から授業中の居眠りが板に付いてきて
            睡眠時間帯の乱れからか、結局高校を卒業してから今も尚治っていない。
            中学3年の頃には、眠りながらシャーペンを動かす技を体得。
            クラスで1番居眠りする生徒でありながら、高校2年の中盤までは
            席替えの度に1番前の席を選んでいたのだから
            教諭の側はどう見ても喧嘩を売っているようにしか感じなかっただろう。
            居眠り時には、机の上に腕を組んで頭を寝かす【うつ伏せの構え】と
            体を伸ばし椅子の背もたれに肩甲骨をかけて天を仰ぐ【仰向けの構え】と、
            肘をついた左手で目を隠し右手でペンを持ちあたかも授業を聞いている
            風に見せる【眠ってませんアピールの構え】の3つの構えがある。
            授業中ビクッと痙攣して眠りから覚めると色々な意味で気まずい…
            因みに仰向けの構えの時、頭が固定されていないため度々
            船を漕ぐ(頭が前後に揺れる)状態に陥ることがあった。(勿論笑いの的)
            後ろの席のクラスメイトからは「ぶつかりそうで怖い」と評され、
            事実一度だけ、後ろで寝てたクラスメイトに思いっきり頭突きした事がある。


〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇



初めてカブクワに手を付けたのが小1、
それからは基本的に小学校でのポジションは「虫博士」他いろんな役回りをやってきました。
自分で言ったらかっこ悪いゾ
係活動はそれまで「なまもの係…ではなく いきもの係」をやるという至極生き物好きな人間で、
かと思えば「お笑い係」をやっていたり(なにしろ小学校なのでこんな係活動も問題無く認められた)


記憶に残っている出来事を一部挙げると、
小3の頃クラスメイトが学校に持ってきたカブトの幼虫の雌雄判別をしてほしいという事で
やってみたらものの見事に大ハズレして恥ずかしかった事、

小5の頃、確か道徳の時間…2年の先生がうちのクラスにやってきて
ちょっと今の時間この子をお借りしてもいいですか?」と
2年の国語の時間に特別講師として呼び出された事です、
その時そのクラスでは国語でアゲハについて教科書で学んでいる最中で、
虫についての質問に答える役として教壇に立たされたというワケです。

ちなみに、夏休みの自由研究は6年連続カブクワ関連でした。

高学年辺りでたしかムシキングが流行り出したんだっけな?
虫好きの自分はと言うとムシキング大嫌いでした
皆から「やっぱムシキングとかやってるの?」って高校生になっても言われ続けましたよ。

中学・高校とも「虫」との関係性は自分のステータスとして浸透していたようです。
そういえば、授業中等に変な虫が紛れ込んできた時(ハチとかカメムシとか)、
ほとんどの割合で呼び出されました…  駆除役・ご意見番として。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


カブクワの好みも年と共に変わっていきました。

小3までは国産がおもで、小4からは外国産に目覚めていきましたね…
特に小学校高学年になると、児童書を集めまくり
〇〇が欲しい~ △△が飼いたい~と本を眺めていました。
特にニジイロマンディブラリスフタマタには酔ってたんですね~

両種ともそれほど遠くない内に入手できてしまい、
中学になると今度はギラファノコギリディディエールシカが目標となりました。
金銭的な限度額(つまり小遣い)が上がると共にカブクワの種類が増えていきました…


★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


自分がカブクワにどういう好き嫌いがあるかとするなら

特に好きなクワガタはシカ・ノコギリ・ホソアカ
あまりノッてこないクワガタはオオ・ヒラタ・ミヤマ・マルバネ (嫌いではないんですが…)

累代は浅いモノ好き(WILDとかWF1みたいな?)、
F5とかF4みたいなのには…ウ~ん
血統モノも好きじゃないんです

飼育種のせいか、全部カワラでいいんじゃネ?みたいな考えが侵食してきてます。

こだわりの菌床はナシ! ! ! !

飼育下手なせいか、沢山産もうが次世代で出来るペアはギリギリ一組がほとんど……

こんな人間ですよ自分は……





        本日の 日昆の名言

                全部カワラでいいんじゃネ?






★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


まァせっかくなんでメチャクチャ恥ずかしいですが失敗談をここで一つ…


 関西修学旅行記

高校2年、修学旅行先は関西となった。

その中で、自主研修の日は
京都 →→→ 大阪 →→→ 兵庫 と自分達で移動し、
三ノ宮で降りて北に向かい新神戸のすぐ近くのクラウンプラザ神戸というホテルに着いた後
                                         (↑ここで学年全体が集合)
バスで阪神港に向かい、客船にのり夕食をとる… と云う予定。

勿論この自主研での魅力は「大阪巡り」であり、我々の班も例外じゃなかった。
自分としては「大阪ときたら昆虫ショップに行かなきゃ損だろ」と、
時間内に行けそうな所を探してみると、やはり在りました
たびたびお世話になっているグローバル大阪さんを目的地に決定 !
班長も「お前らしいな、問題無いんじゃねぇ?」とOKを貰った。

そして修学旅行が始まり、自主研修の日がやってきた

京都の旅館を出て、他の班も固まり大阪を目指した。
鉄道の事はまるで分からないので詳しい路線は割愛するが、
兎にも角にも大阪に無事に突入、
自分達の班は勿論?なんばに着き観光の定番道頓堀を散策。
昼食のお好み焼きを食べ、ドン・キホーテで土産を買ったり電〇を見て爆笑したり、
テレビのロケに出くわして軽く興奮したり。
大阪は物騒だろ?という意味不明な理由で三節棍を腰にぶら下げていたが
ものの見事に使う事はなかった…(真の馬鹿だな俺って…)

時間も少なくなってきて「そろそろ虫ショップ行くぞ」と
梅田に戻ってきて早速徒歩で北区長柄1丁目を目指す。
この時何故か他の班もついて来ていて10数人の大所帯になっていた。

グローバルまで行くのに頼りになるのは
「地図アプリ」と「グローバルのホームページのアクセス情報」のみ、
つまりケータイだけなのだ。

ケータイを見ながらその場所を目指すが、
どうやら歩いていくには残り時間もヤバいんじゃないかという事で
他のメンバーに三節棍を預け、
「そろそろヤベェから先に大阪駅で待っててくれない?」ともと来た道を引き返させた。
そう、単独行動を宣言したのだ。
普通に班行動を無視するなんてタブー中のタブーだが、まあそこは…
「〇時までに戻って来いよ」

他のヤツらは来た道を引き返し、俺はそのまま先に進むべく走り出した (単独行動開始
ケータイの地図を開き土産の袋を手に提げながら…
ケータイ画面を見ていたがマズイ事になっているのに気が付いた !
電池残量が残り少なくなっていたのだ !
店まで行ってもその後大阪駅まで戻るにも地図無しではカナリキツイ。
集合時間も刻々と迫りさらに充電が切れそうになるという大ピンチに陥った俺は、
急ぐためにチャリをガメるという行動にでてしまった! !
半ば開き直った俺は長柄・天神橋・国分寺を縦横無尽に駆け回った。
と、この時遂にケータイの充電が切れてしまった…
こうなるともう自分がどこに居るかもほとんど分からなくなってしまった。

修学旅行で迷子になっちったよ…(恥)

それでもなお店を探し続けるが一向に見つからない。

時間ももうタイムオーバーになってしまったかも知れないな…と
結局店が発見できないまま戻ることにした。
うろ覚えの道順を思い出し戻ろうとするが…

見覚えのない所に出てしまった…
迷子の高校生は、確か駅は地下だったから…と階段を探していく。
それらしい階段を見つけ降りると…
駅だ! !
よく分からない構内で「三ノ宮」という字を探すが見つからない。
切羽詰まると判断がつかなくなるもので、
切符を買いホームまで行き、とりあえず・・・・・電車に乗ろうとしたその時
ふと上を見ると、和歌山という文字が目に飛び込んできた。

あれッ?????? わッ和歌山ァ????????

ここまで来てようやく違うと気付き、
急いでその場を出たが、出た場所は入った場所と違う場所だったようで
チャリも無い状態になってしまった。
完全に絶望状態の俺は「こうなったらタクシーで神戸まで行ってやる」と考え必死です
タクシーの運ちゃんに質問。
俺 「すいません、神戸まで行けますか?」

運 「行けるよ」

俺 「〇時までに行けますか?」 往生際が悪いですな

運 「ェ… と ちょっと無理やな」

俺 「そうですか… 有難う御座いました」

結局タクシーには乗らず、徒歩でウロウロする事数分、なんとチャリに再会。
機動力を取り戻し、大阪駅を目指す。

しかし依然それらしい場所に着かない…
困り果て、今度はまた別のタクシーに乗り込む。
運 「どちらまで?」

俺 「JR大阪駅まで」

運 「そこ大阪駅だよ」

どうやら知らない内に着いていたようです。
タクシーを降り、地下に降りていく…
時間も無くなりこれはもう完全に間に合わないとようやく悟った俺は、
公衆電話で担任に連絡する事にした。
迷った事、何をどうすればいいか分からないことを告げる。
「まずは三ノ宮まで来い、船にはもう間に合わねぇな」と言われ探すことにした。

駅員に聞き、ようやくホームまで出てくることが出来た。
次に来る車両を見る、これか~と早速乗り込む。
こっから長いな~と思っていたが、
どういうワケかほとんど駅を通り過ぎていく…
確か停まったのは尼崎とあと2駅くらいだったかな…
アッという間に三ノ宮に着いてしまった。
実は自分が乗ったのは新快速とかいうヤツだった。
三ノ宮に着いてまた担任に連絡。
予想以上のスピードで着いた事に驚いていて、
ホテルまでの道のり、皆はもうバスに乗ってホテルを出た事を聞く。

外に出てからは早かった。
タクシーに乗り込み、クラウンプラザに到着。
ホテルに着くと、旅行会社のお姉さんが待っていて
まだ間に合うよ ! 急いで! !」と
またタクシーに乗せられ港に向かった。

まさか船に間に合うなんて…
どうやら運良く新快速に乗ったおかげでギリギリ間に合ったみたいだ。
お姉さん曰く、「もう少し遅かったら私たちと一緒にホテルで夕食をとる事になっていた」との事。
道中では何やら祭りか何かのイルミネーションが明るく輝いていた。

港に着いてみると、
まさに集合して船に乗り込む直前の点呼をとっている最中だった
皆の視線が俺に集中していた事は言うまでも無い。
班のメンバーも俺が間に合った事にかなり驚いていた。
今までの騒ぎがあった事も恥ずかしかったが、皆ホテルに荷物を置いてきたのに
俺1人だけ黄色い土産袋を持ってる事がかなり恥ずかしかった…

そして何より、
もしあの時知らずに和歌山行きの電車に乗っていたらと思うと……


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事
日昆メンバー ブログトップ