So-net無料ブログ作成
検索選択
~初めてこのブログに来られた方へ~
当ブログにご訪問頂きましてまことにありがとうございます。
『ネット検索して特定の種類の情報を収集するためだけにここへ来られた方』や
『既にここのブログで多数の記事を読んで下さっている方』、『ブログを通して交流のある方』
上記以外での初めてこのブログに来られた方には、
もちろん無理には勧めませんが出来れば第1回目の記事をまず読み流して頂ければと思います。
どんな方向に向かっていてどんなスタンスでやっているのか分かると思います。
すみませんねぇ、なんか押しつけがましい性格みたいです・・・
〆ルマウィノコギリ ブログトップ

入荷ラッシュ 第4番 [〆ルマウィノコギリ]

あぁ…もうすぐハタチかよ…


こんばんは、入荷ラッシュも4種類目になりました。

早速種類の紹介に参りましょう。↓↓








2011 05 03_1823.JPG
ルマウィノコギリ ミンダナオ島 コタバト州 アポ山


はい、今回は増種です。

このルマウィ、結構前から俺の意識の片隅に引っかかっていた虫なんです。

というのも、
あるに載っていたのを読んでからなんですが…




2011 05 03_1820.JPG

その本が、この人気の外国産を含むクワガタムシ&カブトムシです。

この本は、外国産カブクワの輸入が解禁されて間もなく出版された本
読まれた方も非常に多い本かと思います。

自分も当時小学生でしたし、この本を非常に熱心に読み込んでいましたよ。



で、この当時、
外国産クワガタの中のノコギリクワガタ属Prosopocoilusで輸入が許可されていたのは
非常に僅かな種類のみでした。

そのノコギリ属が、
ノコギリクワガタinclinatus
アスタコイデスノコギリクワガタastacoides
ギラファノコギリクワガタgiraffa
コンフキウスノコギリクワガタconfucius
と、ノコギリ属の超王道が君臨する中1種類だけ

2011 05 03_1821.JPG
なぜか本種が居たのです。

この時は、展足のバランスが歪に感じて(展足のせいにしやがったコイツ…)
この写真の個体には「変なクワガタ。」としか感じませんでしたけど…

しかし、その後あちこちの図鑑で本種が登場するにしたがい、
その特徴的な風貌に好感を持つようになったんですね~

海外のノコギリクワガタと言えば、
体型がスラッとして尚且つのっぺりとしたものが多いのですが、
本種はその真逆な出で立ちをしていて存在感があります。

そのせいか、ここ数年飼育者の間でも一目置かれるようになりました。
飼育種としてのステータスもあるようで、
気合を入れている飼育者の方も割合多いように見受けられます。

ちょっと前までは野外品の流通も滅多になかったですが、
累代飼育が簡単で幼虫期間も短めなため
今現在は非常に敷居の低いクワガタになりましたね。
価格が一気に暴落したのはここ1~2年の間ですね(某オークションでの話ですが)

さて、今回入手した個体は1♂2♀ですが、
前からペアリングしていた1♀を本日(ブログだと昨日か…)セッティングしました。

2011 05 03_1819.JPG
【容器】……コバエシャッター中
【マット】……無添加微粒子1次発酵マット
【産卵木】…夏菌クヌギ長さ約15cm
【エサ】……プロゼリー16gハーフ

正直言ってベストな選択ではないですねコレ↑↑

適当な発酵マットが無くなってしまって
1次発酵を使ってしまいましたし、
ホダ木もちょっと堅めなんですよね…



おまけに………↓↓



2011 05 03_1818.JPG
スゴいハンデを抱えてます(汗)
フ節が、欠け&麻痺のオンパレード。やっべェ、まぢやっべェ。

こないだまでそんな娘じゃなかったのに。


         新しく入荷した在庫  1種類
        ブログに載せた在庫 59種類
             全ての在庫 36種類



nice!(2)  コメント(10) 
共通テーマ:ペット
〆ルマウィノコギリ ブログトップ