So-net無料ブログ作成
~初めてこのブログに来られた方へ~
当ブログにご訪問頂きましてまことにありがとうございます。
『ネット検索して特定の種類の情報を収集するためだけにここへ来られた方』や
『既にここのブログで多数の記事を読んで下さっている方』、『ブログを通して交流のある方』
上記以外での初めてこのブログに来られた方には、
もちろん無理には勧めませんが出来れば第1回目の記事をまず読み流して頂ければと思います。
どんな方向に向かっていてどんなスタンスでやっているのか分かると思います。
すみませんねぇ、なんか押しつけがましい性格みたいです・・・
〆メルキオリティスフタマタ ブログトップ

赤い二又 [〆メルキオリティスフタマタ]

季節的に珍しい台風4号、激しかったですね。
台風がほとんど来ないのが本州最北端・青森の唯一地理的に嬉しい所なのですが
昨夜はそれでも県下でも強い風雨にさらされていました。

自分も激しい嵐の中、身を竦めて………………………いませんでした(汗)

枝葉が舞い狂う中友達と深夜、真っ暗な山の中で水鉄砲で撃ち合いをしておりました(笑)


さて、メインの虫ですが、
更新頻度の悪さとは裏腹にネタだけは溜まっているんですね。
あとは文章がまとまって画像を撮ればどんどん更新できるんですが、
特に文章の方が止まります(汗)

と、こんなこと毎回愚痴ってもしょうがないのですが、

ようやく廃米を処理した成果が表れてきたのか
最近コクゾウムシをほとんど見る事が無くなってきました。
そんな今日この頃…



色々とビン越しに活動を始めるもの・羽化するもの
出てきてきおりますが、


やっと変化があったこのクワガタ。


CA3I0887.JPG
ビンを見たらいきなり目に飛び込んできた赤い体。
フタを開けると、幼虫投入穴から直にその頭部が現れました。
蛹室を作るのが下手だったのか、マットを出してみると
蛹室と云うより、坑道の中で蛹化したと言った方が合っているみたいです。


そんなクワガタの名前は…

メルキオリティスフタマタ♂.JPG
メルキオリティスフタマタ

最近ブリード面ではしっかり苦手意識が生まれてしまったフタマタ系の一種です。
ただ、きっとほとんどの方は(そして俺も)こう思ったはず。

「本土ノコギリの中歯かコレ??」


CA3I0905.JPG
綺麗な上翅の光沢の下に潜む美しい

黒一色が多い同属の中、こうした体色だと見た目の印象が強く残ります。

CA3I0903.JPG
裏はよく赤みが出ていて、全身赤いせいで
最初にビンの中の個体を見たとき「テネラルか?」と思ったほど。
エサ(ゼリー)を与えると完食することからこれでちゃんと成熟しているんですね。

さてサイズは…

CA3I0906.JPG
こんなん。
さながら孫悟空と釈迦の指のようなこの小ささ。

数値にして55mm
初めて羽化させたものでなければ何とも味気ないしょっぱいサイズです(汗)

近縁種でもあるムニスゼッチと共に無添加発酵マットで
去年の夏から飼育していました。
エサが幼虫の体質に合わせにくいイメージがあったので
安全策として無添加なものを選んだんですが…

無添加なので幼虫が死んだり拒食になる事はありませんでしたが
同時に成長が遅くなり体重も増えなくなりました[たらーっ(汗)]
全く大きくならなかったので成長が止まってんのかと思ったほどです。



メルキオリティスフタマタ♀.JPG
また、同時に♀も出てきました。
♀は♂と違い真っ黒で面白味はありませんが、
後食もしていてペアリングもタイミングが合わせられるので、
ブリードに挑戦してみたいと思います。


今のところ、フォルスター・ダビソンと悉く累代停止の洗礼を受けているんですが…


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット
〆メルキオリティスフタマタ ブログトップ