So-net無料ブログ作成
検索選択
~初めてこのブログに来られた方へ~
当ブログにご訪問頂きましてまことにありがとうございます。
『ネット検索して特定の種類の情報を収集するためだけにここへ来られた方』や
『既にここのブログで多数の記事を読んで下さっている方』、『ブログを通して交流のある方』
上記以外での初めてこのブログに来られた方には、
もちろん無理には勧めませんが出来れば第1回目の記事をまず読み流して頂ければと思います。
どんな方向に向かっていてどんなスタンスでやっているのか分かると思います。
すみませんねぇ、なんか押しつけがましい性格みたいです・・・
〆インペリアリスツヤ (コモリ亜種) ブログトップ

生体反応・・・ 無シ [〆インペリアリスツヤ (コモリ亜種)]

タイトルでもう出オチしましたが、
今年の6月にセットしてから採集にかまけて完全に放置していたインペリアリスツヤ。
7月にはもう2♀♀追加で仕入れてもう1セット(1ケースに2頭入れ)待機させたのですが、
結局当初のローテーション作戦は未遂に終わりそのまま今を迎えてしまいました。


運命の10月30日
割り出しを敢行しましたが2セットとも卵の痕跡すらありませんでした。

2セットともセットのレシピは違いましたが、
温度帯を外したのも加わり見事に轟沈しましたね。
特に、7月に仕入れた方のセットは中まで潜ってすらいなかったようで・・・。

♀はすでに3頭ともお陀仏

CA3I0235.JPG
また、きちんと「潜って は いた」方のケースでは、
産みはしないものの、繊維質のマット黒土混ぜ合わせたような箇所が多数発見できました。
こんなに↑↑土が身体にまとわりついているのは、マット内でなんとかしようともがいた証拠なのかもしれませんね。

いつもながら何も答えを見つけられず累代終了してしまったワケです。
ただ、流石にこれで終わりたくはない種類なのでまた次回を考えてみたいと思います。







あぁ・・・、

そういえば冷やし虫家に♂を放置していたっけなぁ。








CA3I0239.JPG
完璧を保って生きてやがった・・・。


よくよく考えれば、
産卵セットの温度管理が夏場ゴニョゴニョしてて
♂はずっと20℃管理していたんだ・・・

なんか、・・・あぁ・・・。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

1+2=グダグダ? [〆インペリアリスツヤ (コモリ亜種)]

昨日久しぶりに近所のホームグラウンドへ外灯採集に行ってみました。

ここ2年3年?の間は県内各地へ出向いての採集ばかりだったので、
近所の様子はどんな感じか久しぶりに見てみたくなってふらっと行ってみたんですが・・・

・・・ちょっと様変わりしていましたね
ここの外灯が消されてる・・・!! この木が伐られてる・・・!! ってな感じで。
虫もほとんど来てなかったですね、月が明るかったですし。
結局この日はカブトムシ1♂だけ見て終わりました。

ただ、変わらず採集者は多かったです、
ところどころで車を停めてウロウロしている人達が数組居ました。

・・・いやきっとあれは採集じゃなくてポケモンGOをやっているんだ!
(しっかり懐中電灯持ってたけど)



どうもこんばんは、ガラケーの会長です。

先日、新たにインペリアリスを入手しセットを組んだ記事を書いたのですが、
フィリピン便が安く販売されているチャンスはそう毎年毎年あるもんではないなと思い
後日こんなものを仕入れました・・・↓↓








CA3I1259.JPG
追加で♀2頭。

うははははは・・・数撃ちゃ当たる!
いやいや、違います。

ツヤも意外と当たり外れのようなものがあるようで、1♀だけだとそれの失敗もありうるという事でせっかくだし複数♀でセットを組もうと思ったのですが・・・

数日後、セットするまでの間エサを交換して普通に管理していたのですが
そのうち1♀の方に奇妙でショックな物を目撃しました。
腹端の収納部が丸見えで、その中の生殖器が歪に潰れているようになっているのです。
何がどうなっているのか分かりませんが明らかに正常と言える形ではありませんでした。

「え・・・? 事故・・・? それともわざと・・・?」
一瞬考えたのは、昔幼虫詐欺が話題になった時期にそれらの幼虫は羽化までいかないように体に針で穴をあけられていたと云うもの。それに近い事がもしかして今回の♀に行われているんじゃないだろうかと。
その時よく確かめもせず容器に戻してしまい、今となってはもう腹板も閉ざしてしまって確かめようもないのですが、仕方がないので今回は1ケースに♀2頭を投入する方法で(ひとまずは)様子を見てみようかと思います。

CA3I1260.JPG
今回使ったのは非売品のマット。(撮影用に♂入れたら現場が混乱した)
他の種類にも使ったことが無いのでどこまで効果が見込めるか分かりませんが
なんとか潜ってほしいところです。

23日現在、1♀潜り1♀徘徊(こっちがハズレか?)している状況。

どうしよう・・・そろそろ最初の1♀割り出そうかな・・・
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

黒が誘う 艶の魅惑 [〆インペリアリスツヤ (コモリ亜種)]

CA3I1210.JPG

2日前、とあるクワガタが到着しました。

前から欲しかった種類の一つでしたが、箱を開けてウットリ・・・。
しばらく見入ってしまいました。「遂に買ってしまった~(嬉)」



いよいよ手を出してしまった・・・




今年初め、ブログ内で毎年書いている「その年の目標掲示」。
その記事『2016年の挑戦』において、
今年はギラファ以外の増種を目標として掲げました。

過去飼育したもの・未だ飼育したことも見たこともないものの中には
まだまだ「飼育したい」と思わされる種類は数多くいます。
多分、人生に大幅な路線変更を強いられない限りは死ぬまで尽きないんでしょう(笑)

しかし採集も兼ねて飼育も行なっていく場合、
昔のように「コレいいなァ~よし買っちゃおう!」と無闇に手を出すのは難しくなってしまいました。
図鑑を見ていて「いいよなァ」と思っていても、いざ家に到着して実物を見た瞬間に「ふ~・・・これでもういいかも」と満足して終わってしまいそうな種類もいて、
日頃からその虫を飼育してみたいと悶々とさせるような種類だけに絞って考えて結果、数種類の例外はあれど方向性としては以下の2路線に決めて書いたというワケですよ。↓↓
(なんやかんやであんまり絞り込めてないって事だね)


③ マット系のクワガタに挑戦
④ 今一度フタマタをやる


以上の目標から決めていたものとしては、
マルバネ・ネブト・ツヤの内から何か、そしてフタマタなのですが・・・・・・













〉〉 今回仕入れた種類は・・・⇒


nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット
〆インペリアリスツヤ (コモリ亜種) ブログトップ