So-net無料ブログ作成

2019年初増種 ~狩人から王へ~ [アクタエオンゾウ]

このブログを始めた高校生当時、飼育種の中でハマっていたいくつかの種類の内
部屋の中で最も存在感を示していたのはゾウカブトでした。

メガソマの中で一番好きだった(それは現在も変わらず)マルスを初令で中学3年の頃に買ったのが最初で、高校受験の真っ只中にエレファスを買い、高校2年の冬にアクタエオンを買って・・・と、10代半ばは大型メガソマの飼育が盛んでした。
その後、スモールメガソマにも手を出したりもしましたが、その頃には「場所が取られる(苦)」として、そもそも数少なかった大型メガソマの飼育規模は激減、2012年にプツンと飼育から撤退しました。


これまで飼育してきたメガソマ属のカブトムシを並べると、

PA0_0010.JPGマルスゾウカブト
(2006年?~2012年)
 千葉のショップ(今ではボルネオ便で有名なトコですね、当時はカブトの幼虫を色々買ってお世話になりました)から初令幼虫を買って飼育開始、爬虫類用のシートヒーターなんかを使いながら常温管理で頑張って羽化させましたよ。その後ブリードにも挑みましたが、10個程度の卵しか採れず羽化できたのが♀2頭。♂を仕入れようかとか悩みましたが上手くいかず累代終了しました。


PA0_0004.JPGエレファスゾウカブト
(2007年~2008年)
 大阪の有名店から初令幼虫を購入し高校の合格発表の日に届いた(笑)おめでたい思い出が。
 マルスと同じく温度管理できない環境で犠牲者も出しつつもギリギリ1ペア羽化できました。人口蛹室で羽化した♂を見た時の、水の膜が張ったビロード状の金毛には感動を禁じ得ませんでしたね。ただ、その後真面目に産卵セットを組まなかった事でそのまま累代終了、♂は今でもシーラ箱で 放置  VIPの扱いです。


CA3I1215.JPGアクタエオンゾウカブト
(2009年~2012年)
 今は無きクワネットの出店業者が出していた(どこの店だったかなぁ・・・?)初令幼虫を購入して、凝りもせず常温管理。3年と云う長い月日は流石に辛かったと思われ、羽化までに生き残れた2頭の個体はいずれも♀。♂を見ることが出来なかったのは環境を整えておく前に目の前の生体に飛びついた自分の愚かさに他ならないのですが、成虫になってから片割れを探す難しさも相変わらずで、モヤモヤとした気持ちを持ちつつ累代を諦めました。今思えば、貴重なWF1だったんだよなぁと殊更悔いが残ります。


CA3I1485.JPGヨルゲンセンヒメゾウカブト(亜種ペーニャ)
(2010年~2011年、2013年~2015年)
 一番最初は愛知のホビー倶楽部から幼虫を購入して飼育を開始しました。ところが、大型種と違いデリケートな扱いが必要だと知らずバタバタと・・・。
 一旦全滅を経験した後、東京の有名店からタイミングが上手く合って3令幼虫ペアを入手し飼育再開。時はまさにスモールメガソマブームが起きる直前で、この後流通価格急騰&入手難の時代に突入しました、いやぁアツかったです。今のところ、一番しっかり飼育できたメガソマが本種で、マットの適合など苦労しましたが、そりゃぁもう楽しかったですね。


CA3I1036.JPGパチェコヒメゾウカブト
(2011年~2012年)
 大阪の通販専門ショップから3令幼虫ペアを買って飼育開始。ペーニャの初戦敗退から学んできちんと温室管理で飼育していましたが、致命的な羽化ズレを起こしひっそりと累代終了。



どれも飼育から撤退していて、今でも皆飼育したい種類ばかりですが
その中でも、特に未練が残っている種類がいます。





CA3I1212.JPG
アクタエオン、こいつだけまだ♂成虫を羽化させていません。
悔しさの表れか、羽化した♀成虫の写真がやたらと何枚も残っているんですよね(苦笑)

今までも本種に限らず、あっという間に散りリベンジしなければいけないと思っている虫は数多あるのですが、2018年はゴホンヅノ相手にいつになくカブトマットを弄っていた所為もあってか、今こそ大型メガソマをやる時だと決意したワケです。

そうとは言え、その気になってきた2018年末当初は新時代の人気種(人気産地)コスタリカやベネズエラのエレファスや、マルスやラミレスなんかもいいなと色々目移りしました。


そんな中、暇潰しに各ショップの新年初売り生体を覗いていたところ、
運命を感じる生体を発見しました。



そして、年が明け・・・


CA3I0862.jpg
アクタエオン(亜種ヨハン?) エクアドル ナポ県 ミサワジ


人気店の生体で、注文が確定するまで他の人に先を越されないか暫らくハラハラしましたが、無事我が家に迎え入れることが出来ました。
正月に虫買うなんて何年振りだろう・・・

カップの中の幼虫は12月割出しと云うことらしく、生存確認の為に暴いてみると中に居た幼虫は孵化から何日も経ってないサイズ。もうちょっと太ってるモノと思っていただけにちょっとビビりましたが、限りなくゼロからの出発とも言えるステージでの飼育再開なのでむしろワクワクします。ここからどれだけ太るか楽しみじゃないですか(とか言っていながら写真撮るの忘れていました・・・)

去年、アクタエオンの分類について進展があり、この地域のアクタエオンがssp. johannaeヨハンと云う亜種、もしくはsp. rexレックスと云う種で記載され今後の取扱いが変わるかも知れない事になっていますが、ひとまず現時点ではアクタエオンという事で扱っていきます。

アクタエオンともなれば通年どこかしらで生体が入手できるのでわざわざ死着の危険がある真冬に買わなくてもいいとも思える虫ではあるのですが、前のめりになって今回買ったワケはその産地。
以前飼育した時はペルー・イキトス産でした。今現在でも、流通する産地の多くはこの産地の物で、個人的にはそれ以外の産地を飼ってみたいと長らく思っていたワケです。
しかも、それらの産地はイキトス産と違ってなかなか貧乏人には手が届きにくい価格帯だったりするワケで・・・
そりゃ、正月価格なんて言われちゃ頑張らないワケにはいかないでしょう。

ちなみに、アクタエオンが入荷しているエクアドル及びペルーの主たる産地の位置関係を示すとこんな感じになります↓↓
エクアドル ペルー.png
探した限りはこの6ヶ所
県境のラインがグダグダなのは置いといてー
分かり易く点を打っていますが、大まかに位置を示しているだけで採集された場所が正確に示されている訳ではありません。
エクアドル側はヘラクレスや他種のカブトも入荷する産地がそこかしこに隣り合っているので、今後もWILD便で別産地が入荷する可能性があります。

こうして見ると、エクアドルとペルーの産地は結構離れていて、幼虫期間や成長の仕方に何か違いがありそうと気になってしまうところです。
過去のBE-KUWAレコードでも、125mmを超えてからの登録個体は
エクアドル ナポ県テナ産127.8mm(2007年、BE-KUWA23号)
エクアドル スクンビオス県クヤベノ産129.0mm(2012年、BE-KUWA43号)
エクアドル スクンビオス県産133.2mm(2015年、BE-KUWA54号)
と、なぜか流通の多いはずのペルー産を抑えてエクアドル産ばかりがレコードに出てくるのは単なる偶然なのか、それとも何かの陰 謀 な の か・・・・・・

そんな魅惑のエクアドル産を入手して久しぶりのメガソマ飼育に心躍らせていたこのタイミングで、新刊が出たBE-KUWAも嬉しい事にゾウカブト特集(笑)
CA3I0861.JPG
飼育再開にあたって目の保養になりました。
本種も、個体によって胸角の伸びる方向や太さに大分差がありますよね。
個人的には、胸角が極太なのは好みではなく、細く長くそれでいてやや外向きに伸びてくれる個体が好みです、
・・・ってそれほとんどマルスじゃね・・・!?



家に来てから1ヶ月近く経った1月29日
様子見の為に一旦カップから出してみました。

CA3I0859.JPG
別人(?)になってる・・・!
前に見た時は卵とほとんど体積が変わらなかったのに、5倍くらいのサイズになっています。
最近クワガタばかりで、久しくこういうのを見ていなかった所為か、初めてじゃないのにすごく新鮮な驚きがあります(ただ忘れっぽいだけか)

CA3I0858.JPGCA3I0860.JPG

丸まった状態で1cmもなかったのに・・・まだ1令でこんな感動するなんてなんておめでたい野郎だろう・・・





さて・・・
これからいよいよ本当にデカくなるが置き場所どうしよう・・・




            再入荷した在庫  1種類
               全ての在庫 19種類




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL
※承認後リンクエラーが出る為、URL欄への入力は不要です
コメント:
※ 長文・短文 大歓迎!!
画像認証:
下の画像に表示されている文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。