So-net無料ブログ作成
~初めてこのブログに来られた方へ~
当ブログにご訪問頂きましてまことにありがとうございます。
『ネット検索して特定の種類の情報を収集するためだけにここへ来られた方』
『既にここのブログで多数の記事を読んで下さっている方』『既に交流のある方』
以外での、初めてこのブログに来られた方には、
もちろん無理には勧めませんが第1回目の記事をまず読み流して頂ければと思います。
どんな方向に向かっていてどんなスタンスでやっているのか端的に分かると思います。
すみませんねぇ、なんか押しつけがましい性格みたいです・・・

青森県産 オオクワガタ ブログトップ
前の7件 | -

ちっ〇〇・・・ [青森県産 オオクワガタ]

前回、前々回の記事で画像を載せすぎてしまったので今回は画像数を節約します。
ブログ1タイトルで使える画像容量がもう10分の7近く埋まっていて、年々一つの記事で使う画像数が増えているので、あまり飛ばし過ぎるとこのブログも老い先短くなってしまうのです。

ヒメオオ採集も今期分を終了し、骨休めを兼ねて飼育種の世話にまた戻っている今日この頃。

この夏の間にセッセトセットした各種産卵ケースを少しずつ割り出しています。
例年よりは多めのセットを組んだ事もあって、割り出し個体数の急激な増加を見越して
7月12日 埼玉県からオオヒラタケ菌糸
10月4日 大阪府からオオヒラタケ菌糸
10月7日 愛知県からカワラタケ菌糸
10月16日 北海道からカワラタケ菌糸
を購入・準備して臨んだのですが、浮き沈みが激しい割り出し作業になりました・・・

今組んである全セットの中から、割り出してみたものだけを前回の記事から引用して書き並べてみます。


その9 8月1日コクワガタ

♀を採りだして約2ヶ月経った10月3日に割り出しましたが、やはりコクワで2ヶ月は長かったです。
全頭が2令後期~3令初期になっていて、大事な時期を半分無駄にしてしまった感じです。
頭数は9頭、数はちょうどイイ(笑) オオヒラタケ1100ccに入れましたが、コクワの菌床飼育は初なので、この時期からどれだけ太らせられるか全く読めません。親♂の48mmを超えられたら・・・と思いますがちょっと厳しいか・・・



その1 7月1日セットフキヌキシカクワガタ
その10 8月9日セットフキヌキシカクワガタ

2週間前の10月7日に割り出しましたが、正直手遅れだと思っていました。
何せセットしたのが2ヶ月前と3ヶ月前ですからね。産卵木も両方既にボロボロだし夏を跨いでいるから中の幼虫はとっくに皆2令後期~3令中期くらいになっていると思ったのです。

しかし、開けてみてビックリ。
7月1日分から出てきたのはほとんど1令初期、中には孵化直後のような個体まで居ます。2令が1頭、3令が1頭居ただけで、さらに数も少なく全8頭・・・!! 無精卵と思われる新鮮な卵も複数採れ(親♀は既に死亡)、累代継続には至ったものの今後にやや不安を残す形でカワラ飼育を開始しました。



・・・ん? 8月9日分? 
齧ってはいたけど、卵・幼虫ゼロでしたよ!!

腹を暴いてみましたが、どうやら不妊♀だったみたいです。どうも休眠明けに変な起き方する個体は、ノコもシカも上手くブリード出来ませんな・・・



その6 7月18日ニシヤマギラファノコギリクワガタ

我が家でまともに生き残っている唯一のギラファになってしまいました。
これも10月8日に割り出したので期間は2ヶ月半も経っています。
しかしこれも意外と加令が進んではおらず殆どが1令幼虫で3令にまでなっていた幼虫は無し。
だからと言って沢山頭数が出てきたと云うワケでもなく、全部で11頭他の飼育種との兼ね合いも考えるとちょうど無理のない数とも思えますが、♀に偏ったら・・・と考えるともうちょっと(5~10頭)欲しかったのですが、キープしていた♀成虫は全て寿命を迎えてしまったのでこれで今世代は終了、放置せず(苦笑)真面目に飼育していきたいと思います。

しかし、コイツらの為にオオヒラタケ菌糸を多めに買ってたから随分余っちゃったな・・・



その7 7月23日トカラノコギリクワガタ

ギラファ用のオオヒラタケ菌糸が余ったので、こっちの幼虫にも使うことにしました。

それなりに採れると踏んでいたのですが、
これもまた拍子抜けの8頭。菌糸ビンまだまだ余ってるヨォ~・・・
2令が中心で状態も安定しています。



その4&5 7月14日オオクワガタ

さぁ!! ここからが本番です(?)
今年の目標の一つ、オオクワのブリード。1次発生の個体を2♀♀採集してセットしたものの、『材が堅過ぎた問題』で計画が減速し、今年中にどのくらいの産卵数が見込めるか、結果的にギリギリのところまで心配させられたのですが果たして・・・

10月21日に割り出しました。
なおセット期間中、堅過ぎる材に不安を覚え1セット分だけ途中で材交換を行い、出した材をチャック付きポリ袋に入れて保管していました。

まず、ケースに入っている材を2ケース分暴いてみました。



結果・・・両ケース共 0

まず、材交換しなかった方は、
多少表面を齧ってはいたものの、よく見ると駒穴を広げただけのものに過ぎず、卵床を作るところまで至っていませんでした。
当の親♀は、ちょっと放置が過ぎた所為で・・・死亡していました。

材交換した方の交換後の材の方は、
どうやら材交換する前にはもう産卵スイッチがOFFになってしまったらしく全く齧っておらず、その材は次第にカビに塗れスポンジ材になってしまっていました。
流石はワイルド、一旦時期ミスると全然産んでくれない・・・
CA3I0725.JPG
親♀はピンピンしてる。

残りはチャック付きポリ袋で保管していた交換前の材しかありません。
CA3I0723.JPG
齧った痕もいくつか付いていて、産卵の期待は否が応にも湧いてきます。
(しかし、例によってそのうち半分ほどは駒穴を齧り広げたものに過ぎませんでした)


CA3I0724.JPG
保管中に軟化が進み割り出しにちょうど良い堅さになっていましたが、割り始めて直ぐ食痕が現れました!!
カビなどに侵されている様子も無く、状態も良さそうです。


そして・・・遂に、久し振りのオオクワ1令幼虫と対面・・・!!!!  ・・・・・・あれッ!?




居たには居たけど・・・、・・・あれ!? これ萎んでない・・・??

・・・死んでる・・・・・・
見た感じカビにやられたワケでもなさそうだし、黒くなって溶けてるワケでもない。

割り続けていると、他にも2頭とかなり少ないながら幼虫が居たが全部同じ死に方。
どうしてこんな・・・全頭それなりに食い進んでいて材質が合わないという感じとも思えません・・・


結果、今年はオオクワのブリードは失敗と云う悲惨な結果になってしまいました。
ブリード物と違うとはいえ、オオクワの産卵に失敗した事をブログに書くのはかなり恥ずかしい・・・
WF1へのステージアップは、来年への持ち越しとなりました。



ぁぁ~どうしよう、菌糸余り過ぎた(困)


〉〉 そして重大かつ基本的な部分に気付いた・・・


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

堅材に挑む [青森県産 オオクワガタ]

日付は13日、今週月曜日の奇跡体験から4日が経ち、
いよいよオオクワガタのブリードに着手することになりました。


現時点の状況を確認してみますと、オオクワWILD成虫は♂1頭・♀2頭。

青森県産WILDオオクワ.JPG
♀-1 37mm

青森県産WILDオオクワ2.JPG
♀-2 42mm

青森県産WILDオオクワ♂.JPG
♂ 59mm 中歯


♀は1次発生の個体で♂は去年の2次発生の個体。
プランとしては、

それぞれ♀を単独(持ち腹期待)でセット

          ↓↓↓

1週間後にケース外面から産卵行動確認

          ↓↓↓

2週間経っても産卵行動が見られない場合は♂を投入

と云った具合でやってみようかと思います。
個人的には♂の形が結構良いのでこの遺伝子も残してやりたいと思うところですが(笑)

さてセットを組んでいきますが、
今回オオクワをブリードしようと思う理由が今までゴチャゴチャ言っていた他にも一つありまして、コレの処分に困っていたから・・・なんですね↓↓

CA3I0394.JPG
真ん中の材なんですが、お分かり頂けただろうか?

そうです、この材堅くて全然使えないんですよ。

通販で産卵木を買っている飼育者にとって避けにくい「産卵木の当たり外れ」
(今は結構そのあたり融通が利く店もあったりするんでしょうかね)
まして自分は未カット材なんてのを買っていた時期がありましたから切ってみるまで分からない材だったりするんですよね。
自分トコでは基本的にノコギリやシカやらホソアカみたいな、堅い材を齧れない種類しか飼っていなかったので、柔らかい材しか使ってなかったワケですね。
こうなると必然的に堅い材が残り続けていく事になるワケですが、これをいい加減処分してしまいたいという事もあって「じゃァ久し振りにまたオオクワやってみよう」となった部分もあるのです。

材をカットしてみると、かなりの難がある材だという事を改めて確認しました。
CA3I0395.JPG
まず芯が太いと云うのは見て判りますが
それよりも、周りの辺材が年輪が密で爪がなかなか入っていきません
あれ!? これオオクワにもキツいんじゃね(汗)

材に弾力が無い所為で、水を吸わせると芯の近くから年輪に沿ってバクンッと隙間が浮いてしまうほどです。
まァ仕方がありませんが使ってみるしかない・・・

これを、樹皮と形成層をキレイに剥いで埋め込み用マットでほぼ全埋めします。


待機中の♀2頭は、
CA3I0396.JPG
ゼリー2分の1個をたった1日で完食し、準備万端?

CA3I0400.JPG
追加のゼリーも入れず♀を投入!!

翌日には潜っているのを確認しましたが、やっぱり心配だ・・・


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

産卵<越冬 [青森県産 オオクワガタ]

10月ですよ(泣) 久しぶりに飼育方面のネタです。

去年羽化した十和田オオクワのF3個体群。
やはりオオクワは飼育に力が入らないと言うか、
「思い入れがあるからギリギリでも累代はしておこう」というモチベーションなんですが
羽化した後も案の定(自分で言うのもなんだけど)煩雑な飼育環境の中でトウタされていってしまっていまして、今生きているのは・・・実はコイツらだけ・・・↓↓

DSCF2442.JPG
超ギリッギリ。
♂なんてフ節1本もう飛んでるからね・・・!

でも久しぶりに我が家のオオクワをまじまじと見たけど、
(中歯を見て言う事じゃないかもしれないけど)かっこいいもんだね。


もう後がないので「早く組まなきゃ」と思いつつ今までほったらかしにしていましたが、
一念発起して(腰が重い)この時期にセットを組みました。

DSCF2443.JPG
産卵木使うのなんて何ヶ月ぶりだよ!(それ以前にセット自体組むのいつぶりだよ)
オオクワ用の堅い木は余ってしまっているのですが、無駄に採れても嫌だし場所取るので
太材1本だけをマットに埋めて放置。

産むなら産んだで良いし、このまま越冬ケースとして一冬休んで来年産んでもらっても問題ないし(むしろそっちの方が嬉しい)、どっちにしろこのまま適度にゼリーだけ投入して来春まで放置といこうじゃないですか。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

2014年度羽化報告 オオクワガタ 青森県十和田市産 F3 [青森県産 オオクワガタ]

もうすぐ魔の2月ですね、こんばんは会長です。

何が魔の2月かといいますと、
・・・積雪期の後半に移りゆくこの月になると個人的に車をぶつける危険が最も増すからです。

さて、この時期虫部屋は夜間5℃前後になり場所によっては氷点下近い寒さになっています。自分の家の中ですが余裕で凍えます。そんな時期になると、自分の部屋ではありますが実質「虫をいじる時(等々)」以外にはこの部屋に入る事もなく常に寒いだけの部屋になります。
割り出しやエサ交換の時だけ、ストーブを点けて1~2時間前から部屋を暖めてから作業にあたります。
なんてめんどくさいんだ!!!!

おまけに雪かきでヘロヘロになってたら飼育作業なんて集中力の要る作業なんてなかなか出来ませんよ。

そんな訳であまりブログも更新できないんだ・・・という言い訳をしたいんですが
今日はとりあえず久しぶりにドルクスネタをひとつ。




去年8月、自分の貴重なオオクワガタの飼育ビン内で
「大歯」なる謎の形状の蛹を目撃した事を記事にしましたが、
その後で無事に同月内に羽化してくれまして、羽脱するまで放っといてたんですよ。

でも、ひとつ管理を間違えたんですよね。


冬に入ったってのにずっと温室(23℃)に入れっぱなしだったんですよね(汗)

そんな状況だったもんで、気付いてボトルを覗いてみたら
真冬の最中に羽脱してグルグルしてました。
「なんかやらかしちった(焦)」って感情と、「取り出して見れる(喜)」って感情が混ざりながらもやっぱり出してみたくなりふたを開けてみました。










CA3I0370.JPG
やっぱり自分で採った分だけあって自分にしか見えない何かが見えます。

自分の家でこんなオオクワらしいオオクワ初めて見た・・・






CA3I0345.JPG
裏から見ると愛嬌があってなんとも可愛いですな・・・
こう云うところだけは他のクワガタ(ノコとかシカとかヒラタとか)では感じません。
オオクワだけがもってる雰囲気というか・・・
(飼い主補正が掛かり過ぎてもはや幻覚を見てるレベルかもしれない・・・)



ただ、飼育内容を見返すと突っ込みどころが満載なので
ホントに好きで飼育してたのか?と疑いたくなるかもしれませんね(汗)
まぁ実際はオオクワガタ飼育については個人的には、
産ませた後は一気にモチベーションが下がるんですよ(笑)
ケース越しに幼虫とか確認して「わぁ~~湧いたぁ~(のほほ~ん)と喜んで終了みたいな(笑)
産ませるだけ産ませて割り出し作業で続々幼虫を取り出して満足したらあとは誰かに全部飼育任せたいくらいなんです。



それが如実に表れている飼育記録をご覧ください↓↓


 【産地】 青森県 十和田市 (以下省略)
 【累代】 F3



青森県 オオクワガタ.JPG
2013年11月17日 割り出し 1令 月夜野きのこ園ELEMENT菌床800ccへ
2014年 8月 9日 蛹化確認
      8月22日 羽化
2015年 1月    羽脱確認  68mm



気付いたら1本返し!!!


つまり最初に幼虫を投入してから無交換で羽化したってコトだい。

因みに、思い返してみたら実際・・・2本目を使ったヤツはどれ一つとして居なかったわ。
あと因みに因みに、青森産はセミ化しやすいとかどなたかがどこかで書いていらっしゃったが、確かにまだ幼虫のやつが何頭かウチにも居ますなァ・・・
それはエサ無交換なのも要因かもしれませんが(嘲笑)

普通、国産オオクワって1本返しするクワガタじゃないですよね・・・?
サイズも結局7cmの大台にも届かなかったので目標を達成できてはいなかったのですが、微粒子のオオヒラタケ菌床800cc1本で68mmもイケたなら逆に「よくぞ育ってくれた!!!」って喜ぶべきなんでしょうかね(笑)
それと個人的にはブナ帯のオオクワにクヌギ&コナラのオガを
食わせてしまったのにはちょっと不満がありますが、今回は仕方ねぇや。



青森県産オオクワ.JPG
大歯なので言わずもがな見慣れていませんからただの気のせいかも知れませんが、思ってたよりも大腮短く感じます。68mm程度じゃこのくらいが普通なのかな?
なんだかんだで満足な形だからいいんだけどさ。


CA3I0344.JPG
2つの環境下で撮ってみると、同じ個体でも結構雰囲気が変わって見えます。
左が人工照明下、右が太陽光下(日陰)ですが
人工照明の方が黒が映えますね。(悪く言えば黒潰れしてるとも言えますね)
太陽光下だと、体表の凹凸(翅の筋やディンプル)が分かりやすいですね。


さて、雪が融けたら観賞飼育を楽しみますかねぇ。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

不明種、混入!? [青森県産 オオクワガタ]

奥さん、事件です!




 【場所】 青森県青森市 某所





その日、私はいつものように自分の部屋で虫の世話をしようと


スタイロフォーム製簡易温室の扉を開けて、中のケースやボトルを


ひとつずつ観察していたんです。


棚の上の段から順番に見ていってたんですが、


下の方の段にあった小さなボトルの中を覗いた私はそこで


信じられない物を見てしまったんです。












CA3I0103.JPG
↑ これが、その問題のボトル


管理の怠慢がボトル内全体に茶色として表れています。

そしてボトルの底部には、ドーナツ状にぐるっと出来た蛹室、

これも管理不行き届きの証拠。



そしてその中には、

淡い黄色の物体が転がっています。







これは、オオクワガタのボトル。



オオクワガタといえば、

日本国内でも突出して採集・飼育共に人気がある種類で、

♂は体長およそ50mmほど、大きくなると最長で60mmほどまでになります。

我が家にも、多数放置飼育している個体がいて

春先に何頭かまとまって羽化した個体がいるのですが、

この個体はまだ幼虫やってるグループの個体・・・。




・・・・・・だ・・・


・・・・・・・・・!?








CA3I0101.JPG




はァッ!!?









CA3I0100.JPG











    なんか見たことない虫がいる



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

スローブリード:オオクワガタ [青森県産 オオクワガタ]

こんばんは、会長です。

いよいよ我が家の虫達も種類数が指で折って数えられるレベルにまで減った事は
1ヶ月以上前にUPした前回の記事で告白した事は記憶に新しい(いや古いか)のですが、
そのうち、春頃に産卵セットを組んでまだ割り出していなかった
・タイワンシカ
・ペロッティシカ
・ファブリースノコギリ
のケースを暴き…いや…処理しました。

中にもう何も幼虫などいなかった事はとっくに判っていたんですよ…
しかもファブリースなんて、
夏頃には幼虫も少し見えていたので辛くも累代は成功していたんですよ…
でも放置していた所為でコバエ地獄となったケース内の環境が急激に悪化、
その影響で次第に幼虫の姿も見えなくなり一つの村が消えたんですよ……。

アラガールのケースも3頭♀を仕込んだにもかかわらず見事ボウズをくらい。



今の時点ではメンタルの問題から自分で累代飼育をしたいと思う種類が非常に限定されていて、
昔のようにあれも!これも!それも!どれも!…と多様な種類の飼育に手を出す気など無くなってしまいました(虫自体に興醒めしたわけではないのですが)。


しかし、そんな状況下でも幼虫が確認できたケースが2つありました!!

それが、カワノシカ自己採集オオクワです。

オオクワについては今年の夏頃組んだと思ったのですが(どうだったか…)
今までまともなサイズが羽化した事が無かったので、一応きちんとエサ(菌床)を用意してから割り出そうと思っていたので
用意が出来るまで長らく放置していました。

そして先週、重い腰を上げ漸く割り出しに着手しました。
長かった。幼虫もう大きくするには手遅れになってるんじゃないだろうか…(汗)


少し前に、ちゃんと産まれていたかを確認するために試し割りしたところ
直ぐに2頭の幼虫が出てきたため「これは結構居るな…」と判断し
2頭だけ回収しまた埋め戻していたので一定の数は確保できそうだと思っていたのですが…



CA3I1536.JPG
産卵木からふき出した木屑でマット表面が覆われていました(汗)

産卵木を持ち上げようとすると粉々に砕け、
木の半分くらいは既に幼虫によって砕かれていました。

そして予想通り次々姿を現す幼虫達。

マットからも次々と出てくる(笑)
CA3I1537.JPG
埋め込み用の発酵マット内も殆ど幼虫に食べ尽くされていまして
画像のように所狭しと坑道がはしっています。


少し驚いたのが、
かなり放置していたはずだったのに結構1令~2令が多く3令になっているのは
僅かだと云う事でした。




しかし……少し多いぞ……!!!!
もう充分なんだが…


CA3I1538.JPG


  結果 25頭


俺にとっては爆産と云うべき余剰産卵だよ…
10頭くらいでちょうど良かったのに…

結果、8本ほど菌床に投入し、あとは結局マットで飼育する事にしました。
   (少なッ!)

オオクワに関しては今回で初の7cm越えが見られればいいなと思うくらい
(75mmいけたら飛んで喜ぶな…)なので、
あとは全滅でもしない限り望みは無いんですよね…

後の神経はほとんどギラファに費やします(高が知れてるけど…)



でも…


遊び半分でもう一度組んだセットがまだ一つ残ってるんだよなぁァァアァア…(涙)



久しぶりの割に何もない記事でした。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

さすが俺(皮肉) [青森県産 オオクワガタ]

気が付けばもう300記事に到達したんだな…
多いな、300って。

そういえば今日、青森ではさり気に新幹線「はやぶさ」がデビューしたとか?
じゃァ今年は新幹線に載って青森に採集者がどっと押し寄せてくるかもしれません。
どちらかと言ったら新幹線使うより地道に自家用車で
東北を各地寄り道して最後青森で採集するほうがお得かもしれないケド…


さて、一昨年採集したオオクワからの子供達のその後ですが、

採れた幼虫は知り合い・メンバーの数名に渡し、今現在居るのは5♂2♀
3♂2♀はマット(500~800cc)で、2♂は途中から1つの菌床ブロックにそのまま投入。

♀2頭は既に去年暮れに羽化が済み、現在寝ております。
マット組の♂3頭は全て黄色くなっていますが、
1頭だけ最近蛹室を作り、他はまだ3令のままです。

今日は交換出来そうな1頭の♂幼虫のみを菌床ボトルに交換しました。
2011 03 05_1719.JPG
さァ、これが蛹化前のオオクワガタ♂幼虫の体重ですよ、
一部の極太とか超大型血統だとかのブリーダーさんにとっては軽い暴挙ですね。

2011 03 05_1720.JPG
因みに言っておきますが、今菌床に入れるのは
体重を上げるためとか大きくしたいからとかではなく蛹化促進のためです。



そして、菌床ブロックに入れていた2♂ですが長期間外から観察できず
最近コバエの温床になっていて痛々しかったのでエサ交換するため出してみました。

十和田湖オオクワWF1 掘り出し

因みに誤解があるといけないので断っておきますが、
作業する時いつも手袋しているワケではありません。







ま、↑↑この通りとっくに羽化していたんですね。
多分菌床がコバエに侵食され尽くす前に羽化が済んでいたのでしょうね。

羽化した2♂ですが、完品で非常に健康的なサイズなのがお分かり頂けたのでは?

2011 03 05_1722.JPG2011 03 05_1724.JPG
さて掘り出した♂達ですが、サイズは2頭ともなんと同じ51mm、サイズだけだとホントにワイルディ(悲)
俺の才能が見事に反映されてますな(爆)



》最後、続き


nice!(2)  コメント(10) 
共通テーマ:ペット
前の7件 | - 青森県産 オオクワガタ ブログトップ